ミス・フランスの出場者は、独身で、身長1.7メートル以上で、「美の代表」でなければならない LOIC VENANCE AFP/File

フランスの代表的なフェミニスト団体「Osez le féminisme」は、ミス・フランスに選ばれなかった3人の候補者と協力して、ミス・フランスの選考基準に差別があったとして、ミス・フランスを法廷に提訴した。

Osez-le-Féminismeは、毎年開催されるミス・コンテストに対するこれまでの訴えが効果的でなかったため、元出場者に代わって州の労働審判所に訴えを起こしたと発表しました。

この団体の代表であるAlyssa Ahrabare氏は、Le Monde紙に次のように述べています。「性差別的な価値観を助長するコンテストに対して毎年抗議しているにもかかわらず、何も変わらない。私たちは、女性のために法的手段を用いることにしました。」と述べています。

訴えの対象となっているのは、ミス・フランス社と、民放のTF1チャンネルで毎年放映されるテレビ番組を制作しているEndemol Production社の両方です。

美の代表

原告側は、ミス・フランス社がリハーサルや収録以外でも候補者に制約を課すのは、フランスの労働法に違反していると主張しています。

美の女王を目指す者は、公の場での飲酒や違法薬物の摂取を控え、一般的に「道徳、公序良俗、エレガンスの価値観に基づくページェントの精神に反しない」行動をしなければならないとされています。

また、身長1.70メートル以上、独身で、タトゥーやボディピアスをしていないなど、「美を代表する人物」であることが求められます。

これらの基準を満たさない場合は、失格となります。

名前は公表されていませんが、3人の原告は、公共の場でタバコを吸ったり、身長が足りなかったり、ヌード写真を撮られたりしたために、ページェントからの退会を余儀なくされたと、ル・モンド紙に語っています。

従業員またはボランティア

Osez le féminismeの弁護士であるViolaine De Filippis-Abate氏がRMCラジオに語ったところによると、フランスの労働法では、企業が「モラル、年齢、家族構成、身体的容姿」を理由に差別することを禁じています。

パリ郊外のボビニーにある労働裁判所に提出されたこの訴訟は、ミス・フランスの出場者が主催者やテレビ会社に雇用されていると判事が認めるかどうか、つまり労働基準法違反の訴訟になるかどうかにかかっている。

出場者は雇用契約を結んでいませんが、プレゼントを受け取る活動を行っています。原告側は、2013年にミスター・フランスの元出場者が同様の理由で訴えた判決を指摘しています。

2019年には、政府への助言を担う諮問機関であるフランスの男女共同参画高等評議会(HCE)が、ミス・フランス・コンテストを「古風な風刺画」と認定しました。

Miss France Iris Mittenaere poses during the swimsuit competition, shortly before winning the 65th Miss Universe beauty pageant in Manila, Philippines, January 2017 REUTERS/Erik De Castro
Miss France Iris Mittenaere poses during the swimsuit competition, shortly before winning the 65th Miss Universe beauty pageant in Manila, Philippines, January 2017 REUTERS/Erik De Castro

 

かわいい女の子は人気者

ミス・フランスは、今回の苦情に対する反応を示していませんが、この番組が人気であることは間違いありません。

EndemolShine社によると、2020年の放送では860万人が視聴したとのことです。

しかし、すべての人がフェミニストを支持しているわけではありません。

「Causeur誌の編集者であるElisabeth Lévyは、火曜日にSud Radioに語った。「しかし、視聴率を見ると、多くの人がきれいな女の子を見て楽しんでいることがわかります。それが問題なのです。

「この新しいフェミニズムの慎重派は、エコロジストと共通点があります:人々が実際に楽しんでいるものすべてを嫌うのです」。

次回のコンテストは、12月11日にフランス北部のカーンで開催される予定です。

AntenneFranceとRFI

https://www.rfi.fr/en/france/20211019-french-feminists-osez-le-féminisme-take-on-miss-france-beauty-pageant-for-discrimination-sexist-france