ツイッターとイーロン・マスク:戦いは続く

米国では、Twitterがイーロン・マスクによる買収の「不当な」放棄を糾弾している。テスラ社の社長に宛てた手紙の中で、ソーシャルネットワークは、この億万長者の約束を尊重するよう求めています。イーロン・マスクがプラットフォームの買収を断念した後、2022年7月11日(月)、ウォール街でTwitterは下落した。

数ヶ月前にTwitterを440億ドルで買収すると申し出たイーロン・マスクが、この週末に撤退した。テスラ社の社長は、契約上の義務を果たしていないことを理由に、このような態度をとるに至った。同氏は、同社が偽アカウントの数について「誤解を招くようなデータ」を提供したと非難した。億万長者によれば、Twitter社が提示した「5%未満という数字」は、彼がアクセスできるデータからは検証不可能なものだという。

イーロン・マスクはまた、「正常な運営を続けるという会社の義務に反する雇用凍結」や「財務見通しの悪化」など、Twitter社の最近のいくつかの決断を指摘しています。

株価40%ダウン

一方、Twitter社側は、4月中旬に合意した通り、すべての約束を果たしたと主張しています。ソーシャルネットワークの取締役会は、裁判を起こすことで売却を強行したいと考えています。裁判は、M&A専門裁判所があることで知られる米国東海岸のデラウェア州で行われる予定です。

Twitterとイーロン・マスクは現在、法廷闘争を繰り広げており、イーロン・マスクが敗れれば数十億ドルの損害が発生する可能性があります。また、ソーシャルネットワークのためにもなりません。買収の発表以来、同社の株価はニューヨーク証券取引所で11.3%下落し、最終的には32.65ドル、すなわちイーロン・マスクがTwitter買収の意思を表明した際の提示額より40%低い水準となった。

価格再下方修正

しかし、広告収入の減少、従業員の減少、戦略的方向性への懸念など、株価下落の理由は他にもあるかもしれません。確かに、CEOのParag Agrawalは、常にチームの入れ替えを行っている。

一方、Twitterはイーロン・マスクに買収を完了させようと必死です。多くの専門家は、提訴されればすぐにでも両者が話し合いを始めることができると考えている。その場合、イーロン・マスクがプラットフォームを購入することになるかもしれませんが、その場合、価格は下がります。

メールマガジン購読

関連記事:イーロン・マスクのツイッター買収:予想された失敗の理由

https://www.rfi.fr/fr/économie/20220805-le-réseau-social-twitter-répond-à-la-plainte-d-elon-musk

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 883
Enable Notifications OK No thanks