2019年5月31日、ローマ・フィウミチーノ空港を離陸するアリタリア航空の飛行機(イメージイラスト)。AFP/Archivos

アリタリア航空のフライトは今日が最終日。イタリアの航空会社は、74年の激動の歴史の後、10月15日(金)に姿を消すことになりました。多額の負債を抱えているこの会社は、ITAという小さな組織に取って代わられます。コロナウイルスのパンデミックは、数年前から経営難に陥っていたグループに死の審判を下した。

創業74年のアリタリア航空、国旗のような白地に緑と赤のロゴ、そして現代のイタリアと絡み合った歴史。

第二次世界大戦後の工業的成功の象徴であり、1970年代には世界第7位の航空会社となりました。その後、景気が悪くなってきて…。イタリアの代表的な航空会社は、特に長距離路線の更新に失敗し、欧州の低コスト航空会社にマージンを奪われてしまいました。

130億ユーロの資金提供

負債を抱えたグループを救うために、国は20年間で130億ユーロ以上の資本増強やローン保証を行ってきました。しかし、最終的には110億ユーロ以上の負債を抱えてしまいました。倒産を回避して買い手を見つけるために、2018年に公的な監督下に置かれたが、それも無駄でした。

新型コロナのパンデミックの影響で、アリタリア航空にも死の宣告が下されました。ブリュッセルとの長い交渉の末、ITAが引き継ぐことになりました。この小さな会社は、今年、アリタリア航空の1万人の従業員のうち、わずか3分の1の機材と3,000人の従業員を引き継いだ。

しかし、歴史ある会社のスタッフは、新会社が発表通り2022年に5,750人を増員できるほど存続できるかどうか疑っています。