フランスプレスレビュー2022-08-09 ウクライナの戦争はすべての面で進行している

前線にはホットなニュースなどなく、続く戦争と閉じこもる住民たち。Le Mondeは、ハリコフの「トラウマを抱えた地下鉄破壊者」について長いレポートを割いている。

この半年間、10万人の人々が地下で生活し、あるいは生活している「トロトロ都市」になっている。爆撃から身を守るためであり、現在ではあえて外に出ないという人もいる。「地球への帰還は1週間、時にはそれ以上かかることもある(中略)何日もかけてゆっくり近づいて、ようやく階段の下に到着する。日の目を見ると、多くの人が反発してしまう。ある店員は、「顔が燃えているようだ、皮膚がボロボロだ」と言った。そこで記者は、「動かない乗客たちのオデッセイを語るには何が必要だろう?交響曲? (…) 映画です。心理学の論文とか。

ラ・クロワ社としては、紛争への市民社会の関与に関心がある。「彼らは弁護士や起業家、ジャーナリストで、軍に参加したり、軍を手伝ったりすることを決意した人たちです。多くの人にとって、それは約10年前、マイダン革命の時に始まった。39歳の弁護士マシ・ナイェム氏は、ドネツク州で対戦車地雷に車ごと飛び込んだ。「右目にはクレーターができ、チタン製のインプラントの下には消えない頭痛があり、彼は声に出してすべてが無駄だったのだろうかと考える。

ウクライナの国家最高レベルでは、疑問が投げかけられている。Aujourd’hui en Franceは、「戦争が始まって以来、彼は英雄として描かれてきたが、ウクライナ大統領はこのところ非難を浴びている」と分析し、彼に向けられた批判を列挙する。「まず、ヴォーグ誌でのゼレンスキー夫婦の写真撮影(…)次に、ドイツの新聞でウクライナ大統領に関する伝記の抄本を発表(これは国家元首の海外企業にスポットライトをかけている)」とある。そしてついに、アムネスティの報告書がウクライナ軍による民間人への危害を告発し、キエフの怒りを買うことになった。[ある種の欧米の疲弊を反映していると思われる悪いパッチ。

ジョー・バイデン氏の「反インフレ」計画

民主党の議員に採用された。ルモンド紙は、「8月のサプライズ」であり、「積み重なる挫折と流動的な経済に揺らいでいるアメリカ大統領にとって大きな成功」であると見ている。”リベラシオン “によると、ジョー・バイデンは気候に関する歴史的な計画を掲げています。L’Humanitéに掲載されたジョー・バイデン周辺の「気候を変える」法律がついに登場。

フランスでは、価格が高騰している

インフレ率は1年間で6.1%で、「ツケが回ってきた」と、値上げを余儀なくされたレストランのオーナーに話を聞く「Aujourd’hui en France」はコメントします。300グラムのアントルコートが5ユーロ高い」、「ひまわり油をオリーブオイルに変える(…)バルサミコ酢をレモンジュースに変える(…)」など、キッチンでのちょっとした工夫も期待できます。しかし、Le Figaro誌は、庭やプールの個人間レンタルを例に挙げ、「フランス人はこうした価格高騰に順応している」と述べている。

この状況は、いつまでたっても改善されないようです。「L’austérité avance masquée “と、2023年の予算についてL’Humanitéの見出しがある。”新聞によると、政府が準備しているのは、何よりも世界的な公共支出の減少と社会的後退の改革である “という。Libérationも同様で、「エコロジーが行政の優先事項の背景にあるまま」であることを残念に思っている。

メールマガジン購読

Libération誌、婦人科系暴力に関する記事を掲載

この日刊紙の社説には、「今こそ話し合う時だ」と書かれている。辛いけれども、決して珍しくはない証言を集め、検査の前には必ず同意を得なければならないことを喚起しているのだ。つまり、「合意のない婦人科検診はレイプなのか」というのが問題提起の一つなのです。リベラシオン誌は、「この問題は、簡単に片付けるにはあまりに深刻だ」と述べています。

 

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/revue-de-presse-française/20220809-à-la-une-la-guerre-en-ukraine-dure-sur-tous-les-fronts

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 826
Enable Notifications OK No thanks