日本赤軍の創始者である重信房子が刑務所から釈放

1970年代と1980年代に世界中のいくつかの攻撃を担当し、パレスチナの大義に仕えるためにレバノンに移住した日本赤軍の創始者である重信房子は、20年の懲役刑を宣下した後、東京で釈放された。

東京特派員フレデリック・シャルルと

現在76歳の重信房子は2000年に日本で逮捕され、中東に30年間住んだ後、密かに帰国した。1年後、彼女はテロの放棄と刑務所の独房からの赤軍の解散を宣言した。

彼は世界で最も指名手配されているテロリストの一人だった。警察の写真では、1970年代初頭に、きれいな女性、謎めいた顔、長く滑らかな髪を発見しました。ウィリアム・Rによると、「彼女は夫と恋人を冷たく死に追いやった」と語った。「血と怒り、日本赤軍の物語」という本の著者であるファレル。

今日、それは病気の老婦人で、刑務所から出てくる常に断固とした表情をしています。彼女は、1973年にレバノンでPFLP活動家との不倫で生まれたジャーナリスト、一人娘の重信メイを伴っています。彼の支持者の約30人も出席した。

いくつかの攻撃の起源である日本赤軍

平壌での日本航空の飛行機のハイジャックの後、日本で追いかけられた日本赤軍は1971年にレバノンに移り、過激派パレスチナ組織と結びついた。1年後、彼女はテルアビブのロド空港での虐殺で悪名高いとなり、26人が死亡し、100人が負傷した。重信房子は大虐殺を計画したと伝えられている。

その後、彼女は1974年にオランダのフランス大使館で人質を取るなど、他のいくつかの攻撃を開始しました。赤軍は間違いなく、カルロスとして知られるイリッチ・ラミレス・サンチェスと足首にいます。ハーグでのイベント中、カルロスはパリのパブリシスドラッグストアへの攻撃を開始し、2人が死亡し、34人が負傷した。

メールマガジン購読

赤軍はまた、1977年にバングラデシュのダッカでの日本航空航空機の別のハイジャック、1975年のクアラルンプールでの外交官の人質奪、ナポリのアメリカ軍事クラブへの攻撃も担当しています。

東京のル・モンド特派員フィリップ・ポンスによると、日本赤軍は1960年代後半の日本人学生運動のテロアバターだった。彼女はモロトフのカクテルからカラシニコフに行った。2000年に重信房子が逮捕されたとき、朝日新聞はすでに「時代の革命的なユートピアの葬儀の音」と書いている。

 

関連記事日本1968年:世界で最も長く、最も暴力的な学生の反乱

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220528-japon-fusako-shigenobu-la-fondatrice-de-l-armée-rouge-japonaise-libérée-de-prison

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 886
Enable Notifications OK No thanks