日本1968年:世界で最も長く、最も暴力的な学生の反乱

1968年春、ベトナムでのアメリカ戦争への反対を背景に、日本で学生の反乱が勃発した。治安部隊、左端派閥と極右派閥の間で非常に暴力的なストライキと戦いの1年。一部の元学生が小さなテロリストグループを形成するために過激化する運動が終わった後も続く暴力。その中で、1972年のロド・テルアビブ空港への攻撃を担当した日本赤軍。

多くの場合、1968年の日本での学生動員は逸話的な出来事から始まります。フランスでは、寮の女の子に会いに行く権利を持ちたいのは、パリ郊外のナンテールの教員の学生です。日本では、1965年から若い日本人の不満が高まったのは大学登録料の増加でした。特に、「初めて高等教育にアクセスできる日本人の最も恵まれない階級」と、ドキュメンタリー映画制作者で作家でもあるミカエル・プラザンは言う。

本記事の目次

ベトナム戦争への反対

1968年のストライキと学生のデモンストレーションは、反米主義とベトナム戦争の拒否を背景に行われた。

日本とアメリカ人は1952年以来、1960年に更新された防衛条約に拘束されてきた。学生や左翼政党も強い反対に直面して強く争われた条約であるドワイト・アイゼンハワー米大統領は、群島への旅行をキャンセルしなければならないだろう。「明らかに左側の日本人学生運動は、保守派、日本の再軍備、ベトナム戦争に反対している」と帝京大学の日本史教授フランク・ミシュランは要約している。

ベトナム戦争に関しては、日本人は最前列にいます。大きな南の島である沖縄は東アジアの主要なアメリカの基地の本部であり、そこからB-52はベトナムを爆撃するために出発します。「ベトナムは日本人にとって、爆弾の下にあった20年前の日本に相当する」とフランク・ミシュランは分析する。「アメリカ人によるナパームの使用は、焼夷弾による日本の都市の破壊を指している。ナパームは1945年に日本で初めて大量に使用されたと言わざる。」1960年代にサイゴンに送られる前に東京を通過したナパーム…アメリカと日本の平和主義運動はすぐに調整され、日本人はアメリカの脱走兵を隠し、書類を提供しました。

若い日本世代では、「時代の精神、特にキューバ革命によって働き、要するに極端な左の文脈では反乱が起こっている」とミカエル・プラザンは説明する。ドイツ、イタリア、アルジェリア戦争での学生運動の誕生につながったものとほぼ同じ「間接的な原因」と指摘する人:「植民地時代の過去、ナショナリストの過去 – 日本は戦前の日本であり、学生が立ち上がる親の世代にも反している」。

メールマガジン購読

反乱

1965年から、大学登録料の引き上げ以来、1968年の爆発まで学生の間で怒りが高まりました。この火花は、当時10万人の学生が集まり、少なかれ少なかれ少なかれ小地方の中産階級のために予約されていた日本最大の機関である日大大学に影響を与えるスキャンダルの啓示です。1968年4月、学生の一人である秋田明大は、大学当局が「入学金の引き上げを装って、卒業を装って、最も恵まれない学生の背中にお金を受け取ったことを明らかにしました。そして、これは本当に粉に火をつけ、多くの記念碑的なデモンストレーション、大学の職業、日本のCRS(木戸隊)との戦いを引き起こすことになる」とミカエル・プラザンは強調しています。»

日本全国の170の大学が影響を受けている、とフランク・ミシュランは言う。社会を変えたい人もいれば、最も過激な人は国内に共産主義体制を設置したい人もいます…これらすべての学生運動には期限があります:日米安全保障条約を再び延長しなければならない1970年。また、アメリカ人による日本の後見を非難し、彼らが実証するのはこの延長に反している。これは、極左の動きが互いに分裂して戦うのを防ぐことはできません。彼らはまた、議会や政府の人格によって操作された極右派閥と戦うだろう。

抑圧

その動きは西洋よりもはるかに長い。特に1965年にさかのぼる人もいれば、デモやクーデターが始まっています。いずれにせよ、大学は1968年の春にストライキを行い、最も暴力的で公表された最後の避難は、1969年1月に東大大学の安田円形劇場(ENAに相当)の東京で行われます。「学生たちは本館に定着した」とフランク・ミシュランは言う。「それは一種の塔です。彼らは追い出されなければならなかった:治安部隊は消防ホースを使用し、彼らがもはや抵抗できなくなるまで大量の水の下でそれらを爆撃した。ミカエル・プラザンは、モロトフカクテル、ヘリコプターによる酸のジェット機で本当の「都市戦争」を呼び起こします…安田円形劇場は空になり、すべての居住者、良い家族の学生が逮捕されました。この戦いの失敗は運動の終わりを告げる。

テロリズム

「フランスでは、68年に社会を変えることを目指し、比較的長い影響を与えるこの巨大な運動があります」とフランク・ミシュランは分析します。日本では、それは最終的にうまくいかない暴動の一種であり、左翼の一部を過激化させる。その後、武力闘争を説くさまざまなグループで地下に行く元学生もいます。最もよく知られているレッド・アームド・フラクションは、ボーイング727を日本航空の国内線から北朝鮮に迂回します。逮捕の波の後、FARは統一赤軍となり、その国際支部である日本赤軍は世界で最も過激な赤軍の1つになります。彼女はパレスチナ解放人民戦線(PFLP)と同盟を結んで、テルアビブのロド空港での攻撃を行い、26人が死亡し、80人が負傷します。

フランク・ミシュランは、第二次世界大戦中に同盟を結んで敗北した3カ国(ドイツ、イタリア、日本)が世界で最も暴力的な3つの左極端に餌を与えたのは驚くべきことだと指摘している。彼は、提唱された説明の中で、「政治的暴力が以前にファシスト政権によって課されていたという事実、そしておそらく社会関係に浸透していたという事実。»

日本人にとって最もトラウマ的な出来事は、1972年の冬の出来事のままです。20歳から25歳の連合赤軍の約30人のメンバーが長野山脈に集まり、武装革命に備える。彼らは警察署や武器庫を攻撃することで、とりわけ武器を手に入れることができた。しかし、新しい攻撃を計画する代わりに、彼らは指導者の命令でお互いを殺すことになります。それは本当の虐殺です。妊娠9ヶ月の女性を含む14人は、彼らを拷問して死に至らしめ、急いで下草に埋める同志の打撃を受けます。「それは日本人にとって恐ろしい啓示です」とミカエル・プラザンは言います。「第二次世界大戦以来、しかし確かに以前は、ある種の日本の犠牲的で過激な考え方に浸透したときに理解できるものであり、それは必ずしも極端な左に固有のものではありません。」

何の遺産?

ドキュメンタリー映画製作者によると、この不条理な虐殺は、学生運動によって行われたすべての要求、すべての要求の信用を損ないました:「これは、この運動の記憶そのものを隠すでしょう。実際、フランスで起こった反対のはその反対です。68年5月の生産された社会の進歩は今日主張されています。日本では、この出来事のためにこの遺産について何も主張できない。»
ミカエル・プラザンにとって、革命的、共産主義的、社会主義者であろうと、左派全体の信用を損なうイベント。そしてまた、回復しない最大の戦後の政党である日本共産党を倒します。「私は基本的に悪はそれよりもさらに深刻だと信じています、私はそれが永久に政治と政治的コミットメントの信用を失っていると信じています」。

それどころか、フランク・ミシュランにとって、日本人は学生を「運動とは何の関係もない:左派は後で崩壊し、さまざまな理由で」日本人左派の代表とは考えなかった。一方、ミカエル・プラザンのように、学者は日本では特にこのテーマにタブーがないことを指定し、68歳を生きた日本人にとって一種の懐かしさを呼び起こします。これは、もはやそれを本当に理解していない今日の日本人によって少し奇妙でエキゾチックな時期です。

実際、ミカエル・プラザンは、2000年代初頭にこの「正直でフレンドリーな」学生である秋田明大を見つけ、日大大学での卒業証書購入と偽の試験のスキャンダルを明らかにし、学生運動の先頭に駆り立てました。多くの学生、そしておそらく日本の人口の一部が特定した秋田明大は、完全に匿名で彼の広島市のガレージになりました:「私は彼が一人で住んでいたこの小さなガレージで、広島の遠い郊外で彼を見つけました。彼は長いアルコール期から抜け出していた。フランスのコーン・ベンディットと日本の秋田明大の間に存在する可能性のある治療の違いがはっきりとわかります。これはすべて明らかに68の継承を示していますが、いずれの場合も…」

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20180411-japon-1968-revolte-etudiante-plus-longue-violente-monde

Antenne France
Antenne France
Articles: 730
Enable Notifications OK No thanks