ロシアが外交官を逮捕した後、日本は怒っている

東京は、ウラジオストクの総領事がスパイ容疑で逮捕された後、モスクワに猛烈に反応した。ロシアの諜報機関であるFSBは、日本の外交官がロシアとアジア諸国の協力に関する情報を入手したいと非難している。その後、日本の外交官は釈放され、48時間以内にロシアを離れるよう命じられた。

東京の特派員、フレデリック・チャールズと

日本政府のスポークスマン、松野弘和は、ウラジオストクの総領事に対するスパイ活動の告発を拒否し、辰森元子。後者はロシアに「強制的な方法で」逮捕された、と彼は言う。

役人は目隠しをして、手と頭の両方を地面に押し付けて、拘留中は動けなくなり、権威主義的な方法で尋問された。

「これは、外交関係に関するウィーン条約に反して、容認できず、非常に残念なことです。日本はこれらの信じられないほどの行為に抗議している。領事は今週の水曜日に東京に戻ってくる」と日本政府の事務総長は続けた。

敵対的な国

FSBによると、日本の領事は「報復」と引き換えに機密情報を受け取りながら、ウラジオストクで「現行のデリクト」で逮捕された。領事は、ロシアとアジア諸国の協力についてもっと知りたいと思っていた。また、モスクワによると、日本の外交官は、日本のすぐ向かいにあるウラジオストクのロシア地域で、ウクライナでの戦争の勃発後、「西洋の制裁が経済状況に及ぼす影響」に関する機密情報を収集しようとした。

クレムリンは、ウクライナ侵攻後、ロシアに対する西側の制裁に加わったため、日本は敵対的な国であると考えている。ウクライナでの攻撃に対するモスクワに対する経済制裁に対する報復として、ロシアは5月初旬に岸田文雄首相を含む60人以上の日本当局者が領土へのアクセスを禁止した。

メールマガジン購読

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220927-le-japon-courroucé-après-l-arrestation-d-un-diplomate-par-la-russie

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 884
Enable Notifications OK No thanks