台湾と地域外交:世界特派員ツアーのアジア地域への立ち寄り

台湾をめぐるアメリカの外交上の駆け引きを前に、中国の言説は硬化している。北京は、自国の領土と考えている列島について、何事も見逃さない。報復の脅威が鍵となる。

今週、日本の駐中国大使がその代償を払うことになった。民族主義の島への支援を示す日本。台湾の現場では、中国がクーデターを起こそうとするのを防ぐためにあらゆる努力がなされている。

台湾政府は、自国を守りたいと主張する一方で、地域の大国からの支援を求めています。韓国は、アメリカの軍事的同盟国と経済的主要パートナーである中国との間に挟まれ、バランスを取っています。台湾をめぐる外交問題とは?この問題について、現地の特派員に聞いてみた。