日本のCovid-19:公道ではマスクはもはや必須ではない

日本では、5月16日(月)から屋外で、物理的な距離を尊重できる公道でマスクの着用はもはや必須ではありません。マスクは、特に公共交通機関では、内部に置く必要があります。このリラクゼーションは、パンデミックが始まって以来、国内で初めてです。しかし、すべてが路上では日本人がマスクを着用し続けることを示しています。

東京特派員のブルーノ・デュバルと

日本は流行の第7波に見舞われているが、人口の半数近くがまだワクチンブースターの投与を受けていない。この不安定な健康状態にもかかわらず、公道ではマスクを着用することはオプションになり、一部の東京人を混乱させています。

「ほとんどの若者と同様に、私はまだ3回目のワクチンを受け取っていません」とそのうちの1人は言います。だから、たとえオミクロンが私たちの年齢の人々にとってあまり危険ではないように見えても、彼のガードを下げない方が賢明に思えます。女性は同意します:「感染の数は再び増加していますが、これからはマスクを外してもいいですか?論理は私を逃れる…」

「政府が何を言おうと、私はいつもどこでもマスクを着用し続け、できるだけ家から出て、マスクされていない人々との接触を避けます」と別の日本人は説明します。彼の同胞が共有した意見:「このウイルスは私をとても愛しているので、マスクを外すと人前でリラックスすることはできません」

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220516-covid-19-au-japon-les-masques-ne-sont-plus-obligatoires-sur-la-voie-publique

 

メールマガジン購読
Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 881
Enable Notifications OK No thanks