10月12日(火)、エマニュエル・マクロンは、「フランス2030」計画を発表しました。産業競争力と将来の技術を開発するために、5年間で300億ユーロの投資を行います。Ludovic MARIN POOL/AFP

投資計画「フランス2030」:エマニュエル・マクロン大統領の最初の発表内容

原子力発電や電気自動車、農業のロボット化など、エマニュエル・マクロン氏は、フランスを革新と研究の国にしたいと考えています。大統領選挙まであと6ヶ月となった10月12日(火)、エリゼ宮で国家元首が「フランス2030」の戦略プランを発表しました。

今朝、エリゼ宮に集まった200人のビジネスリーダーや学生たちは、「フランスの再工業化」をテーマにマクロン大統領の話を聞きに来ていたのです。非常に洗練された環境の中で、国家元首は2030年に向けた300億ユーロの投資計画を発表しました。

フランスは、「もう一度、革新の偉大な国にならなければならない」と主張した。実際、産業や未来の技術において、その競争力は危機に瀕しています。具体的には、10億ユーロを投じて原子力発電に注力します。フランスは小規模な原子炉を開発する。

2つ目の目的は、化石燃料の代替と産業の脱炭素化のために、フランスを「グリーン水素のリーダー」にすることです。

また、フランス大統領は、フランス国内で「2030年までに200万台近い電気自動車」を生産し、「文化的な変化」をもたらしたいと考えています。20億ユーロは「アグリフード革命」を加速するために充てられます。マクロン氏は「健康的で、持続可能で、トレーサブルな食品に投資したい」と考えています。そして、そのために「デジタル技術、ロボット、遺伝子」を頼りにしたいと考えています。

また、大統領のスピーチで忘れてはならないのは、深海を強調していることです。地球の大部分を暗いままにしておかないためにも、深海の探査は優先課題の一つです。すばらしいプログラムです。

この未来の産業のための投資計画の発表は、フランスの大統領選挙の半年前に行われました。退任した国家元首はまだ正式な候補者ではありませんが、大逆転がない限り、2期目に出馬するはずです。

[rfi] https://www.rfi.fr/fr/france/20211014-france-la-hausse-des-prix-du-carburant-tend-les-usagers-et-le-gouvernement
シェアしよう!