日本のコロナ:このまま検査不足が続けば、健康被害が発生する

流行の第6波に見舞われている列島では、1日の感染者数が増え続けている。これはオミクロンのせいでもあるが、ワクチン接種のペースが遅いせいでもある。そして、ここ数日、日本ではPCR検査や抗原検査の不足に直面しています。以下はそのレポートです。

東京の特派員、ブルーノ・デュバルと。

この東京の薬剤師は、他の多くの同僚と同様、抗原性検査の在庫を切らしている。「今朝、残っていた最後の10個の検査を売ったんです。そして、仕入先はいつ再入荷できるかを教えてくれないのです。

また、PCR検査も希少なものとなっています。まだ3回目のワクチンを受けていないのに、その上、検査を受けることができなくなったのです」と言う。腕が落ちるんです。”

病院でも、検査は配給制です。「検査がない場合は、簡単な臨床検査でこのウイルスを洗い出そうとします」と医師は説明する。しかし、オミクロンと冬の重症インフルエンザを区別するのは簡単ではありません。そして、その方法は危険です。未診断のCovidは、当該者が周囲の人に感染することを保証するものだからです。

最悪の患者だけをスクリーニングすることになる」と同僚は付け加える。問題は、検査ができなかった患者さんの病状がどんどん悪化していくことです。ですから、このまま検査不足が続き、オミクロンの普及が進めば、健康破局に向かってまっしぐらです。

しかし、日本人はまだオミクロンを使い切っていない。疫学者は、第6波のピークは早くても2月末になると予想している。現在までのところ、3回目の接種を受けた日本人は5%未満です。

メールマガジン購読

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220205-covid-au-japon-si-cette-pénurie-de-tests-s-éternise-c-est-la-catastrophe-sanitaire

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 826
Enable Notifications OK No thanks