ウクライナ:欧米人は「外交的解決」を望むが、戦争を恐れている

ウクライナとロシアの国境は依然として緊張が続いており、月曜日にはロシアと米国が事態の拡大を防ぐための対話を開始する予定です。これは、1月7日(金)にブリュッセルで行われた、アメリカ人とヨーロッパのパートナーによるナトー会議のテーマであった。

欧米とウクライナは、ロシアが数週間前からウクライナ国境に数万の軍隊を集結させ、侵略の可能性に備えていると非難しており、ロシアのプーチン大統領に対して、隣国を再び攻撃した場合には「大規模」かつ前例のない制裁を行うと明確に脅迫している。

モスクワ側は、ウクライナの将来的なNATO加盟を排除し、大西洋同盟がロシアの目の前にある戦力を削減することを約束する条約を要求している。

この新たな危機を対話によって乗り越えようと、アメリカとロシアの外交官は月曜日にジュネーブで会談し、水曜日にはブリュッセルでNATOとロシアの会議、木曜日にはキエフも加盟している欧州安全保障協力機構(OSCE)のウィーンの会議に臨む予定だ。NATOによると、失敗すればウクライナの「新たな紛争」につながりかねない1週間の会談。

“ロシアのウクライナ周辺での軍備増強は続いており、要求を受け入れなければモスクワから脅迫がある。しかし、それらは容認できるものではなく、新たな紛争のリスクは現実のものとなっている」と、イェンス・ストルテンベルグNATO事務総長は金曜日、同盟諸国の外相とテレビ会議を行った後、警告を発した。

米国は「注意散漫」にならない

米国はロシアに手を差し伸べたが、その要求に「気を取られてはいけない」とも警告した。

ロシアは「ウクライナへの侵略というホットな話題に目を向けさせるよりも、ナトーに関する議論に我々を引きずり込もうとしている」という。アントニー・ブリンケン氏は、モスクワに対して非常に攻撃的な演説を行い、「我々はそんなことに気を取られることはない」と警告した。

「絶対に受け入れられない要求を並べ立て、相手がゲームをしていないと主張し、それを侵略の正当な理由にするのは、確かに彼らの戦略の一部だと思う」と彼は言った。

米国務長官はまた、モスクワが「挑発や事件を企て、それを軍事介入の正当化に利用し、世界がその策略に気づいたときには手遅れになっていることを期待する」可能性に警鐘を鳴らした。

また、Antony Blinken氏は、「現在、約10万人の部隊がおり、すぐにその2倍を動員する計画だ」と付け加えた。では、モスクワはどう説明するのだろうか。偽情報によって。ウクライナがロシアを脅かしている、ウクライナは紛争を誘発しようとしている、部隊の増強、戦車や重砲は純粋に防衛的なものだ、と言うことによってです。狐が鶏小屋を襲うのは、鶏小屋の住人が何らかの脅威を与えるからだと言っているようなものだ。ロシアの攻撃的な行動は、欧州の平和と安全に対する脅威である。”

外交的解決は「まだ可能」である

米国務長官にとって、外交の余地はまだある。”我々は、ロシアのさらなる侵略に力強く対応する用意がある。しかし、ロシアが決断すれば外交的解決はまだ可能であり、望ましい。来週も同盟国やパートナーとともに、そのようなことを求めていきます。

また、西側諸国の閣僚は外交を促進するためにロシアの「デエスカレーション」を求め、レッドラインを更新した。「ナトは、各国がどのような安全保障協定に参加するかを含め、独自の道を選ぶ権利があるという原則に妥協することはない」と、同盟のボスは主張した。

欧州抜きでの交渉は不可能

クレムリンがアメリカとの直接会談に前向きであることが明らかになったため、ヨーロッパ諸国は皆、再び交渉のテーブルにつくことを要求してきた。欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長は、パリでマクロン仏大統領と並んで、「どのような解決策であれ、それは欧州からもたらされなければならない」と述べた。

https://www.rfi.fr/fr/europe/20220108-ukraine-les-occidentaux-souhaitent-une-solution-diplomatique-mais-redoutent-la-guerre