ブラウンフィールドの修復に1億ユーロの追加投資

これは、1月7日(土)にアミアン市の旧コセラ織物工場を訪問したジャン・カステックス首相が発表したものである。土地の人工化と環境へのリスクに対抗することが目的です。

この新しい1億ユーロの資金により、10万戸の住宅再建に充てる資金は7億5000万ユーロとなりました。「2021-2022年ブラウンフィールド計画」の一環として、行政は、一般的に再建が複雑な廃屋やブラウンフィールドを、破壊と脱汚染を必要とすることから、再利用したいと考えている。

このファンドはすでに1000のプロジェクトに貢献し、おそらく2026年まで継続されるでしょう。

首相がアミアン市で訪問した20年前に放棄されたベルベット専門の織物工場は、2025年までに34,000平方メートルの新しい建物に生まれ変わり、400近い住宅、オフィス、店舗が建設される予定です。

荒地の転換は、2050年までに「人工ゼロ」を達成するための政府の施策の一つでもある。フランスでは、毎年2万〜3万ヘクタールの自然が人工的に開発されています。これは、気候変動、浸食、生物多様性の喪失の主な原因の一つです。

 

https://www.rfi.fr/fr/france/20220109-france-100-millions-d-euros-de-plus-pour-réhabiliter-les-friches-industrielles

メールマガジン購読
Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 639