エミリアーノ・サラは、2019年1月に飛行機が英仏海峡に墜落し、パイロットとともに死亡しました。28歳のアルゼンチン人は、ナントから当時のイングランド・プレミアリーグのカーディフ・シティへの移籍を果たしたばかりだった。ロイック・ベナンス afp

(PHOTO)エミリアーノ・サラは、2019年1月に飛行機が英仏海峡に墜落し、パイロットとともに死亡しました。28歳のアルゼンチン人は、ナントから当時のイングランド・プレミアリーグのカーディフ・シティへの移籍を果たしたばかりだった。ロイック・ベナンス afp

2019年にナントとカーディフの間でサッカー選手のエミリアーノ・サラを乗せた飛行機の操縦桿を握るべきだった男性が、責任逃れをしたとして月曜日に法廷に現れた。

デイビッド・ヘンダーソンは、フランスとウェールズ間のフライトプランに名前が記載されていましたが、家族の緊急事態のために直前で辞退しなければならなかったと主張しています。

代わりに搭乗したのは59歳のデビッド・イボットソンで、彼は1月21日に英仏海峡のガーンジー島付近で、シングルエンジンのパイパーPA-46マリブが海に墜落した際にサラーとともに死亡しました。

サラさんの遺体は1ヵ月後に発見されました。イボットソンさんの遺体は見つかっていません。

イングランド北部のヨークシャー出身のヘンダーソン(67歳)は当初、サラが乗っていた飛行機を危険にさらす可能性のある無謀または過失な行動をとったという1つの罪を否認していました。

また、有効な許可や承認を得ずに乗客(サラ)を降ろそうとした罪についても無罪を主張しました。

変更

しかし、月曜日にカーディフの裁判所で行われた早い段階で、ヘンダーソンは2つ目の罪を認めました。

その後、男性7名、女性5名の陪審員が法廷で宣誓し、ヘンダーソンの過失の有無を決定しました。

ヘンダーソンに対する告発は、民間航空局によって行われたものです。

サラは、当時イングランド・プレミアリーグに所属していたカーディフシティへの1700万ユーロの移籍を完了するためにウェールズに渡っていました。

この28歳の選手は、荷物を受け取るためにフランスに戻り、ナントのチームメイトに別れを告げました。そして、プレミアリーグでのキャリアをスタートさせるためにフランスに戻る途中で亡くなったのです。

サラの遺体は2019年2月にアルゼンチンに送還された。

ナントで監督を務めていたバヒド・ハリルホジッチ氏は、同選手について次のように述べている。”これほどまでに愛らしく、謙虚で控えめな人はめったに見たことがない……しかし、ピッチ上では、彼は戦士だった。”

AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携

https://www.rfi.fr/en/sports/20211018-emiliano-sala-man-stands-trial-over-crash-between-nantes-and-cardiff