ラグビー:フランス代表がアルゼンチンのPumasを破る

この秋の初戦、11月6日(土)にスタッド・ドゥ・フランスで行われた親善試合で、フランスチームは堅固なアルゼンチンチームと対戦しました。緊迫した試合展開の中、フランスが最後の勝負に出た(29-20)。特に、フランス人の中で最もアルゼンチン人らしいティボー・フラメントの活躍が光った。

2月に始まる次の6カ国対抗戦の前に、フランスのラグビーチームは11月に準備ツアーを行う権利があります。予定されている3試合はフランスで行われるため、100%青白赤のツアーとなります。11月14日のジョージア戦、そして11月20日のニュージーランド・オールブラックス戦を前に、ファビアン・ガルティエ監督は今週土曜日(11月6日)、サン・ドニのスタッド・ドゥ・フランスでアルゼンチンとの対戦を控えていました。

両チームが最後に対戦してから2年以上が経過しています。前回は、2019年9月に開催された前回のワールドカップのグループステージでした。レ・ブルーが僅差(23-21)で勝利した。第1ラウンド終了時点で、フランスはアルゼンチンとは異なり、準々決勝への切符を手にしていたので、この勝利は決定的なものでした。

フラメントのデビュー

論理的に考えれば、この夜の親善試合に懸かっているものははるかに少ない。しかし、リヨンのピッチにはまだ緊張感が残っていた。レ・ブルーは9-7でリードしていたが、マチュー・ジャリベールのスローインに対抗したトーマス・クベリのようにトライラインを越えることはできなかった(21日)。ニュージーランドの主審、ベン・オキーフ氏は、ジュリアン・マルシャンとマルコス・クレーメルにイエローカードを出して事態を沈静化させた。

この後、フランスチームはティボー・フラメントの活躍により、息を吹き返した。初の国際試合出場を果たしたスタッド・トルーザンの2列目は、ジャリベールの理想的なプレーを受け、約束の地で楕円形のボールを平らにした(50回目)。1年間住んでいたアルゼンチンで、キャリアをスタートさせたクラブ・ニューマンでプレーした24歳にとって、完璧なデビューとなった。

その後、ピート・マウヴァカのトライでブルーズは少し余裕ができたが(70分)、アルゼンチンは最後まで試合を続け、特にマテオ・カレラスが2つ目のトライを決めた(78分)。この試合は結果が出ず、フランスが勝利(29-20)しました。しかし、今回初めてキャプテンを務めたアントワーヌ・デュポンが認めたように、この勝利は困難なものであり、レ・ブルーにはまだ改善すべき点がある。次のテストは1週間後のボルドーでのグルジア戦。

AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携

https://www.rfi.fr/fr/sports/20211106-rugby-le-xv-de-france-vient-à-bout-des-pumas-argentins