記録破りのジョコビッチがパリ・マスターズの決勝に進出

第1シードのノバク・ジョコビッチは、パリ・マスターズの決勝で第7シードのユベール・フルカッツを3セットで破り、自身のキャリアの中で新たな記録を打ち立てました。

試合は3-6、6-0、7-6で終了し、34歳のセルビア人プレーヤーは前人未到の7度目の決勝進出を果たしました。

2018年のカレン・ハチャノフだけが、一度でも彼を破って対決に臨んでいます。

ジョコビッチは試合後、「ここではあまり悪い結果にはなっていない」と口にしました。

この勝利により、彼は記録的な7回目のシーズン・エンディング・ナンバーワンになることも確定しました。

20回のグランドスラム・チャンピオンであるジョコビッチは、アメリカ人プレーヤーのピート・サンプラスと共同で6回の栄誉を手にしていました。

トップ

この栄誉を手にしたジョコビッチは次のように述べています。「ピートは私の少年時代のアイドルだったので、私にとっては夢のようです。

メールマガジン購読

「この瞬間を迎えることができたのは、僕だけでなく、僕のチームの功績であり、この位置にいることは素晴らしいことです。

「1位になれたことをとても誇りに思っていますし、そのための試合でもありました。最後の1ポイントまで非常に厳しい戦いでしたが、今はとても幸せです」とコメントしています。

ジョコビッチは、第1セットを落とした後、ダブル・ファーストを達成したかのように見えました。

第2セットは6-0で快勝し、24歳の相手を早くもブレークして4-1のリードを奪いました。

第2セットは6-0で快調に進み、24歳の相手を早い段階でブレークして4-1とリードしましたが、4-4に戻され、5-5の時点でマッチポイントを握られました。

しかし、この試合では、いくつかのショットが乱れたことで、試合の流れはジョコビッチに傾きました。

ジョコビッチは第2シードのダニール・メドベージェフと対戦します。メドベージェフは9月のUSオープンでジョコビッチのカレンダーグランドスラムを阻んだ相手です。

25歳のロシア人プレーヤーは、エラーの多かったアレクサンダー・ズベレフを6-2, 6-2の80分で退けました。

 
AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携

https://www.rfi.fr/en/sports/20211106-record-breaking-djokovic-reaches-paris-masters-final

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 881
Enable Notifications OK No thanks