ダークウェブに対抗するし、世界規模で150人を逮捕

欧州の警察機関であるユーロポール(Europol)は10月26日(火)、インターネットの地下版である「ダーク・ウェブ」での違法取引を世界規模で取り締まった結果、約150人の容疑者が逮捕されたと発表しました。

DarkHunTOR」と名付けられたこの作戦は、ダークウェブを利用したこれまでで最大規模のものの一つです。ハーグに本部を置く欧州警察機構(ユーロポール)は、「オーストラリア、ブルガリア、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、スイス、英国、米国における個別かつ補完的な一連の活動から構成されている」と発表しました。

このグローバルな活動は、1月にドイツの警察が主導して行った大手サイバーブラックマーケット「DarkMarket」の解体に続くものです。

アメリカでは約65人、ドイツでは47人、イギリスでは24人、イタリアでは4人、オランダでは4人が逮捕されました。逮捕された人の中には、ユーロポールの「高名なターゲット」もいました。

金、麻薬、武器

また、警察は、現金および電子通貨2,670万ユーロ、エクスタシー25,000錠を含む薬物、45丁の銃器を押収しました。

イタリアでは、警察が「DeepSea」と「Berlusconi」と呼ばれる違法マーケットプレイスを閉鎖しました。これらのマーケットプレイスでは、「10万件以上の違法商品の広告」が掲載されていました。

「今回のような作戦の目的は、ダークウェブ上で活動する犯罪者に対して、法執行機関には、ダークウェブ上であっても、その正体を暴き、違法行為の責任を取らせる手段と国際的なパートナーシップがあるというメッセージを送ることです」と、ユーロポールのジャンフィリップ・ルクーフ作戦副部長は述べています。

メールマガジン購読

(with AFP)

 

https://www.rfi.fr/fr/technologies/20211026-arrestation-de-150-personnes-lors-d-une-opération-mondiale-contre-le-dark-web

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 639