環境問題では、デジタル法はすべてに通じるものではない

フランス上院は、2021年11月2日(火)に、フランスにおけるデジタル技術の環境負荷を低減するための法律を可決しました。フレデリック・ボルダージュは、GreenIT.frの創設者であり、15年以上にわたり、より持続可能なデジタル環境を推進してきた専門家集団です。彼は「世界初」を歓迎していますが、特に再利用の面で野心が足りないことを残念に思っています。

RFI:なぜデジタルや環境問題を立法化する必要があったのでしょうか?

フレデリック・ボルダージュ:第一の理由は、デジタル技術による環境への影響が、2010年から2025年の間に3倍になるということです。この極めて急速な成長には、公的機関の迅速かつ重要な対応が必要です。2つ目の理由は、銅や金などの主要金属の収益性の高い埋蔵量がまだ30年はあるため、貯蓄が急務であるということです。その後、現在の鉱脈が枯渇し、現在と同じ生産量を確保できるだけの鉱脈が地球上に存在するとは考えられない。

火曜日に可決された法律は、この2つの問題を考慮していますか?

部分的には対応していますが、最後までは対応していません。このテーマで世界レベルの法律が成立したのは、明らかに初めてのことであり、非常に良いニュースです。しかし一方で、科学者が二酸化炭素排出量を4で割るように言うのに対し、政治家は20%の影響を減らすように言うという点では、ほぼ同じです。それは、科学者として期待することではありません。

デジタル断捨離のための教育については、非常にポジティブな点があり、大きな進歩を遂げています[枠内参照]。しかし、何が足りないのか、もっと野心的にできたのではないかと考えてみると、大量のリユース・リサイクルを行うなど、足りない条項があります。

批判の多かった1985年の私的複製「税」では、主に音楽ファイルのMP3コピーを補償するために、電話機の購入時に約10ユーロの課税が行われた。この税金は維持されています…そして、再調整されたデバイスにまで拡大されています。これについてはどう思われますか?

これは重要な問題であり、再調整された製品に2度目の課税が行われるのは残念なことです。時代錯誤な感じがします。さて、デジタル技術の環境問題の大きさを考えると、私たちにとってはさらに重要なポイントがあります。例えば、大量に回収する仕組みがないことです。私たちは、川上ではデジタル機器の保証金を義務付けることを推奨し、川下では製品が再生された後、消費者との信頼関係を築くための契約を結ぶことを推奨しました。

再生品のスマートフォンは怖くて買えないが、中古車は怖くて乗れないという人もいる。この2つの状況を区別するのは、車両登録証と技術検査であり、私たちはその車がどこから来たのか、そしてその状態を知っているのです。そこで私たちは、フランスやヨーロッパの公的機関に対して、デジタル製品パスポートの導入や強制技術検査の導入を提案しています。テレビやタブレット、スマートフォンなどの再利用率をかなり高めることができます。

データセンターの消費が叫ばれている中で、なぜデジタル機器の生産の問題に取り組む必要があるのでしょうか。

フランスでは、デジタル技術の環境負荷の4分の3以上がユーザー機器の製造に関連しています。しかし、データセンターの電力消費、メールの抑制、Netflixに対するビデオバッシングなど、特定のテーマに焦点を当てすぎている。

一方、デジタル業界は手をこまねいている。例えば、保証期間を長くすることに重点を置いているわけではありません。この法案は当初、現行の2年保証ではなく、5年保証を導入する予定でした。Eメールやビデオの長さや質の話をしている一方で、保証の長さや再利用、ますます短い商品を売りたいと思っている業界を怒らせるようなことには目を向けていません。

あなたは産業界の人々と接触しています。今後数十年の間に、原材料がそれほど豊富ではなくなることを全く意識していないのだろうか。

景気が回復してきた現在、半導体が不足していることは、彼らも自覚している。しかし、台湾では非常に深刻な干ばつに見舞われ、一部の部品の製造ができなくなっています。つまり、気候変動が製造チェーンの混乱を招いているのです。しかし、数年単位ではなく数ヶ月単位で生産目標を設定しているため、長期的なビジョンを持っておらず、数十年後に何が起こるのかを予測していないのです。

上院で採択されたデジタル法の10の要点

採択された法律には、以下のような条項が含まれています。

  • デジタル技術の環境への影響に関する観測所の設立
  • 企業が製品のアップグレードの影響について透明性を確保する義務があるが、快適性とセキュリティのアップグレードを解することはない。
  • 整備済機器への私的複製「税」の適用(約8.40ユーロ)と、2022年末までに政府がその影響と将来性を調査する義務を負うこと。
  • 携帯電話の購入時に自動的にヘッドホンを提供する義務がなくなったこと。
  • 政府機関は、公共の場で購入する前に、デジタル製品の修復可能性の指標を考慮する義務があります。
  • コンピュータ工学の学生にエコデザインとデジタルソブリのトレーニングを強化。
  • 2028年までにデジタル製品のリサイクルを強化し、政府に報告書の作成を義務付ける。
  • ブランドが製品を完全に修理できないように設計すること(陳腐化)を禁止すること。
  • 人口5万人以上の自治体に対して、2025年1月までに責任あるデジタル戦略の策定を義務付ける。
  • 発生した熱を回収したり、エネルギー損失の最大値を守ったりするデータセンターには、税制上の優遇措置が与えられます。

 

 

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 466