気候:世界気象機関のCOP26交渉担当者への強いメッセージ

COP-26の数日前、世界気象機関の報告書によると、専門家の警告にもかかわらず、地球温暖化に関しては依然として破滅的な予測がなされていることがわかりました。パンデミックにもかかわらず、また、各国が約束してもなかなか実現しないにもかかわらず、昨年の温室効果ガスの排出量は新記録を達成しました。

Covid-19とそれに伴う景気後退は、大気中に放出される温室効果ガスの排出量に具体的な影響を与えなかった。ジュネーブ特派員のジェレミー・ランシュは、「新規排出量の増加を遅らせただけだ。さらに悪いことに、その濃度は過去10年間の平均値よりもさらに速く上昇しています。

このままでは、今世紀末の気温上昇は、パリ協定で予測されている1.5~2度よりもはるかに高くなってしまうと、WMOのオクサナ・タラソワ博士は指摘します。一刻も早く排出量を削減しなければなりません。カーボンニュートラルを実現するためには、それを大気中で観測可能な形にする必要があります。少なくとも、温室効果ガスの増加を遅らせることができなければ、地球温暖化対策の成功とは言えません。

アマゾンの森はもはや地球の肺ではない

もう一つの不安要素。これは、海や森林などの自然の炭素吸収源のことです。場合によっては、その役割を十分に果たせなくなってしまうこともあります。これはアマゾンで顕著に見られ、森林の一部は吸収するよりも多くの二酸化炭素を放出しています。この現象はまだよくわかっていません。しかし、それが増えれば、パリ協定の目的が問われることになります。

WMOは各国に対し、産業、エネルギー、交通などの生活様式を全面的に見直すよう呼びかけています。必要な変更は、経済的にも手頃で、技術的にも実現可能であるとしている。地球温暖化の主な原因であるCO2は、主に化石燃料の燃焼やセメントの生産から発生します。大気中の排出量の約6割が人間由来(反芻動物の飼育、稲作、埋立地など)のメタンや、亜酸化窒素も2020年に濃度がピークに達しています。

すでに始まっている災害

温室効果ガスの排出が続く限り、地球の気温は上昇し続けるため、国連はグラスゴーで開催されるCOP26で世界のリーダーたちが具体的な対策を講じることを期待しています。また、CO2は大気中では数百年、海洋中ではさらに長く留まるため、正味の排出量がゼロになったとしても、すでに観測された温暖化は数十年にわたって続くだろうとWMOは警告しています。

AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携

 

https://www.rfi.fr/fr/environnement/20211103-à-madagascar-la-déforestation-cristallise-les-maux-du-pays