ジャポニスム2018:非常に豊かな日本文化がパリ全土で展示されています

フランスと日本は文化的なつながりが近い2つの国です。彼らが互いに反対に見えるなら、彼らはお互いを魅了します。文化シーズン「ジャパニズム2018:共鳴の魂」は、年末までいくつかのパリのサイトに点在する一連の展覧会を通じて、フランスと日本の芸術的つながりを見直す機会を与えてくれます。

ファッション、美食、ポップカルチャー…フランスでは、日本文化がこれまで以上に人気があります。観光地としての日本の魅力を通して現れるファッション。日本国家観光局によると、2017年に268,500人のフランス人が群島を訪れた。歴史的記録。イナルコ日本研究センターのエマニュエル・ロゼラン教授にとって、「日本文化はとても豊かで、誰もが好きなものを見つけることができます」。装飾美術館のキュレーターであるベアトリス・クエットにとって、フランスと日本が文化的つながりを維持しているのは、文化への共通の愛と生活の芸術に対する顕著な味のおかげです[1]。

ジャポニズム

「複数形の日本主義」は、フランスと日本の160年の外交関係を祝う。イザベル・シュヌ/RFI

フランスと日本の和解は、19世紀になって初めて、太陽の国の国が世界、特に西洋に開かれたため、比較的最近のものです。1858年、フランスと日本は友好条約に署名し、両国間の貿易と文化交流の始まりを開始した。したがって、フランスは版画や日本美術の味がする。エミール・ギメ(パリ国立アジア美術館ギメ美術館の創設者)などの旅行者やコレクターは、この新しいファッションに貢献しています。日本が初めて参加した1867年のパリ万国博覧会は、この文化を一般大衆に広めた。

日本文化に触発されたヨーロッパの芸術は、当時「日本主義」と呼ばれています。モネやゴッホのような画家は、北斎のような日本の版画からインスピレーションを得ています。しかし、日本主義はあらゆる形態の芸術に影響を与えます。彼の著書「Histoire du Monde au XIXe siècle」の中で、エマニュエル・ロゼランは「建築、[…]ポスターアート」、さらには「日常のオブジェクト」を通じて現れるファッションであると説明しています。したがって、20世紀の有名なフランスの建築家ル・コルビュジエの建設における日本の美学の影響を発見します。

洗練の味

ホテル・サロモン・ド・ロスチャイルドでの展覧会「富上、日本の美学に飛び込む」。イザベル・シュヌ/RFI

ベアトリス・クエットにとって、フランスには「日本人の洗練への賞賛」がある。そして、この日本の美学の味は、映画、ファッション、さらには美食にも反映されています。黒澤明の長編映画「ラショモン」は、海外に輸出した最初の日本映画の1つです。この映画クラシックは、前年のヴェネツィア映画祭でゴールデンライオンを受賞した後、1952年にオスカー最優秀外国映画賞を受賞しました。今日、フランスで放送されている日本映画の大半は作家映画と見なされています。

ワンクリックで:ジャポニスム2018プログラム

是枝弘和の家族事件は、カンヌのパルムドールで優勝した最後の長編映画です。逆に、フランスのニューウェーブ映画は群島で大成功を収めています。しかし、日本映画のこの味は、一般大衆にもある程度の成功を収めています。スタジオジブリの映画は、定期的に展覧会や回顧展の主題です。高畑勲のホタルの墓や宮崎駿の千尋の旅などのアニメーション映画は、その芸術的品質と素晴らしいエンターテイメントの両方で認められています。

メールマガジン購読

1970年代には、日本のファッションが輸出された。そして、「日本のデザイナーが1970年代にパリに引っ越した場合、それは偶然ではありません[…]パリはまだファッションの中心地です」とベアトリス・クエットは説明します。名を冠した有名なプレタポルテブランドの創設者である高田健三は、1970年にパリのギャラリーヴィヴィアンに最初の店をオープンしました。今日、多くの日本人デザイナーが西洋でノウハウで認められています。コム・デ・ギャルソンブランドのスタイリスト兼創設者である川笛子玲は、1980年代から比類のない成功を収めました。このブランドはメットガラ2017のテーマに選ばれました。

フランスと日本も、美食と食器へのこだわりで有名な2つの国です。「文化は両国で重要な役割を果たしています。テーブルの芸術は非常に成文化されています」そして、装飾美術館のキュレーターにとって、それは喜ばせるものです。例えば、日本人シェフの小林圭はフランスに拠点を置き、現在はミシュランを2つ星にしています。逆に、フランス人のアラン・デュカスは日本で大成功を収めている。後者はまた、小林圭を高美食で訓練した。この日本料理の味は無視しにくい。寿司、ラーメン、お弁当、餃子…フランスでは、日本食レストラン(多かれ少なかれ本格的)が増殖しています。これらの料理の伝統はみんなを喜ばせているようです。エマニュエル・ロゼランにとって、「寿司ファッション」は「光を食べたいという欲求と関連している」かもしれない。要するに、フランス人を喜ばせるのは異国情緒の味かもしれない。

影響力のあるソフトパワー

ジャポニスム、ランデブーでの美食。
ジャポニスム、ランデブーでの美食。© RFI/Muriel Maalouf

ポップカルチャーの普及は、日本のソフトパワーの最も重要な例の1つです。フランスは日本に次いで世界で2番目に大きな漫画消費者です。漫画のフランス語の顕著な味を知っているとき、これは驚くべきことではありません。単に「アニメーション」とも呼ばれる日本の漫画は、ゴルドラックやアルバトールなどのシリーズで、1980年代から大成功を収めました。今日、漫画はどこにでもあります。

ポケモンからナルトを介したワンピースまで、日本の漫画やアニメは確かにフランス国民を征服してきました。日本のコーヒー漫画の伝統はフランスを征服した!日本から直接来るコンセプトのマンガカフェは、漫画を読んだり、セルフサービスのビデオゲームをしたりして一日を過ごすことができる場所です。フランスにはいくつかの施設がオープンし、フランスでの漫画の人気を証明している。

このファッションは、ポケモンゴーのようなビデオゲームの成功によっても現れています。2016年7月に発売されたモバイルアプリケーションは、比類のない流行を引き起こした。何百人もの人々がゲームをするために公園に集まった。任天堂のゲーム(ポケモンなどの漫画の派生物かどうか)は、現在、フランスのビデオゲーム文化の不可欠な部分です。マリオ、ルイージ、ソニック…すべて非常に成功しているキャラクターです。この人気はサロンでも現れています。

毎年、パリのマンガとSFショーには数万人の訪問者が集まります。そして、日本のポップカルチャーを祝うために開催されたイベントはこれだけではありません。19年間、ジャパンエキスポは「オタク」の毎年恒例のイベントでした[2]。日本のポップカルチャーのこれらのファンは、時々コスプレのゲームに身を配り、彼のお気に入りの漫画のキャラクターに扮します。ジャパンエキスポには、4日間で年間23万人以上の来場者が集まります。

[1] 装飾美術館は、ジャポニスム2018文化シーズンを記念して、日本・日本主義1867-2018展を開催しています。11月から3月まで、この展覧会はフランスと日本の芸術的つながりをたどります。

[2] 「おたく」は、ビデオゲームファンのための日本語です。フランスでは、この言葉は日本のポップカルチャーの信者を指定するために使用されます。

Antenne France
Antenne France
Articles: 738
Enable Notifications OK No thanks