AntenneFrance N.140

┼                                   ┼
                                   n.140
                        A n t e n n e F r a n c e
                        ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                        ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                        ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                        ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
                        ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ◆◆
                         ◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆ ◆
                          ◆◆◆  ◆◆ ◆◆
                         ◆ ◆  ◆     ◆
                                ◆
                            ◆
                        ┼           ┼
                         S O M M A I R E
                        ┼           ┼
         S C R E E N K I S S
       1◆ジャン=ジャック ・ベネックス監督記者会見
        _____________________________
         S C R E E N K I S S
       2◆犯罪の風景
        _____________________________
         I N F O R M A T I O N
       i◆AntenneFranceについて
        _____________________________
┏━┓                         S C R E E N K I S S
┃1┃ジャン=ジャック ・ベネックス監督記者会見
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『IP5』から8年。ジャン=ジャック ・ベネックス監督の新作長編が、つい1ヶ
 月前に完成した。日本での公開は来年だが、「今年でフランス映画祭も8回目。
 この8年間、自分の作品を持って来られなかったのが辛かった」という監督、
 「数分間とはいえ、今回は初めての劇場上映。これを、今迄私の作品を支持し続
 けてくれた、日本の観客へのプレゼントとしたい」。
 記者会見の後、フランス代表団の舞台挨拶に先立って、数分間のプロモーション
 上映が行われた。
  モータル・トランスファー
  MORTAL TRANSFER
  監督:ジャン=ジャック ・ベネックス
  出演:ジャン=ユーグ ・アングラード、エレーヌ・ドゥ・フジュロール
 精神分析医のデューランドは仕事にも人生にも退屈している。そこへ、神秘的で
 セクシーな患者、オルガがやってくる。清純な見かけと反対に、窃盗癖と奇妙な
 愛の交わし方を持っていた。夫はうんざりする程の金持ちだ。そして、デューラ
 ンドが目覚めた時・・オルガはカウチで死んでいた。すべては、ここから始まっ
 た・・・。
 『DIVA』のような不思議が色合いに、『ロスト・チルドレン』のような近未来的
 感覚。それにブラックなユーモアが加わって、つい、先が見たくなるようなプロ
 モーションビデオだった。今回の作品のジャンルは、ある意味では「エロティッ
 クなコメディ」という。
 「人が笑うという事は、自分の作品を好きで笑っている、という確信が持てるの
 でコメディが好き。もし、これがシリアスなものだったら、観客の顔つきから
 は、退屈なのか、感動しているのか読み取りにくい。それに、人間、ある程度の
 年齢になると、笑う事が大切になってくる」・・・と言うベースの上に分析医を
 登場させて「不思議な世界に引き込まれる精神分析医のポートレートが描きた
 かった」そう。
 原作はジャン=ピエール・カテニオンの同名小説。ピュアな外見ながら「死」の
 象徴である女性と、外見と裏腹に「生」を意味する女性、という対立した2人の
 存在が面白い。
 今回は『ベティ・ブルー』以来2度目となる、ジャン=ユーグ ・アングラードと
 の仕事については、丁度F・トリュフォーとJ・Pレオーの関係に似ている。ジャン
 =ユーグ ・アングラードの中に監督自身を見い出しているし、性格の面も似てい
 る。シンプルで寛大、そして情熱的なジャン=ユーグと、同様に尊大な人を嫌う
 監督はいいコンビのようだ。
 通常は主役に同じ俳優は起用しない、という監督。「同じ人と同じ情熱を持てる
 かというと、困難なのと一緒。だが、彼に関しては例外」なんだとか。
 カンヌで初めてこの作品に触れてすっかり虜になった、配給会社、アミューズの
 宮下社長は心底嬉しそうだった。来年の公開が待ち遠しいものだ。
                                鳥野 韻子
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
┏━┓                         S C R E E N K I S S
┃2┃趣味の問題
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    SCENES DE CRIME 
    2000年/100min/カラー
    監督:フレデリック ・ シェンデルフェール
    出演:シャルル ・ベルリング、アンドレ・デュソリエ
    第8回フランス映画祭横浜
 友人との待ち合わせに行ったままマリ-は失踪し、数日後死体となって発見され
 た。ここ数年に亘って発生している若者・・とりわけブロンドの美人・・の殺人
 事件の一環らしい。被害者は頭部と手首を切断されている。この事件に挑むの
 は、ファビアンとゴメズの2人の刑事。苛酷な仕事と、家庭の崩壊から急死して
 しまったゴメズの後、一人犯人を追い詰めたファビアンは・・・。
 ゲストは監督の、フレデリック ・ シェンデルフェール、製作のエリック・ネ
 ヴェ。監督の実父は『317小隊』等のピエール・シェンデルフィール監督。クライ
 ムストーリーを得意とした父のアシスタントをしていたが、今回が初の長編劇映
 画という。
 連続失踪、殺人、という内容は実際の事件に酷似しており、とてもリアルなス
 トーリーらしい。首なし死体の検死シーンも結構リアルで、「つくりもの」と分
 かっていてもちょっと腰がひけた。が、それに伴うP・コーンウェルの「検死官」
 シリーズを彷佛とさせるような科学捜査のシーンは、なかなか興味深い。
 残酷、凄惨な事件と、その担当刑事達の私生活。被害者の家族同様、刑事も犯人
 のある意味、犠牲者といえるのかもしれない。呆気なく迎えるゴメズの死は、監
 督に言わせれば「観客に衝撃を与える事で一つの感動を生む」という事から仕組
 まれた演出だそうだ。
 アメリカの「サムの息子」的事件を扱いながら、この作品には「ありがちな」派
 手な演出がなく、事件を淡々と辿る事で、より身近な恐怖が感じられる。殺人を
 している犯人も、一見ごく普通の男だし、その動機も明確には明かされぬままラ
 ストシーンを迎える。
 観客は何とはなしに結末の居心地の悪さを残したまま、劇場の暗闇に放り出され
 るような気分を味わうだろう。そうなったら、監督の術中にはまった証拠だ。こ
 れこそが、現代の「闇」の部分の感覚なのかもしれない。
                                鳥野 韻子
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
                                    □
┏━┓                       I N F O R M A T I O N
┃i┃AntenneFranceについて
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇姉妹サイト・メールマガジン_____________________◇

 □ICHIBANDORi
   フランスの最新ポップスポップス『フレンチ・コンテンポラリー』を紹介し
   ます。
 □L’HEXAGONE
   フランス関係の総合検索エンジン。フランスに関する情報と日本のフランス
   関係のサイトおよびフランスの有益なサイトを検索できます。
 □フランス・ウェブリング
   日本語のフランス関係のサイトのウェブ・リングです。
   日本のフランス・コミュニティーの輪です。
 □[email protected]
   フランスに関係した情報を交換する為のメーリングリストです。質問などマ
   ナーやルールを守ってご参加下さい。
 □ScreenKiss
   ただの紹介ではない深~い内容で映画を紹介します。映画関係者のインタビ
   ュー、タイムリーな映画祭情報、パパラッチ的俳優情報、Paris・NY・
London
   の映画情報など多彩なコンテンツでお届けします。
◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇

  このメールマガジンは、8つの方式で発行されています。
  まぐまぐ   
  マッキー!   ID:411
  メルポット   ID:0000000007
  ココデメール  ID:0300400007
  ClickIncome 
  Pubzine
  Tiara online ID:france
  emaga
  ※当方の手作業による変更、中止は行っておりません。
  ※配信先の変更は、現在の配信を中止後、上記にてお申し込みください。
◇◇広告募集______________________________◇

  AntenneFranceでは、広告を募集しております。
  詳しくは、[email protected]
◇◇お問い合わせ____________________________◇

  記事に関して        [email protected]
  翻訳に関して        [email protected]
  タイアップ         [email protected]
  広告に関して        [email protected]
◇◇協力・提携_____________________________◇

  AntenneFrance はフランスのメディアや日本国内のフランス関係機関との協
  力を得てフランスに関わる話題を紹介しています。
  □TMF 日仏メディア交流協会     □INA フランス国立視聴覚研究所
  □rfi フランス国営国際放送     □Le Petit Bouquet
  □ScreenKiss            □ICHIBANDORi
  □EMEX (Europe Multimedia Express) □Courrier d’Iris
  □TEMPO
◇◇著作権について___________________________◇

  掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じられています。
  発行人・編集長 中津川 昌弘
  ■Copyright(C), 1997-2000 AntenneFrance
┼                                   ┼
_____________________________________________________________F____I____N__
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
http://www.AntenneFrance.com/

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2011-8-12

    アメリカの次はフランスか?

    アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  2. 2011-9-8

    増税を望む大富豪

    フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  3. 2009-9-11

    日本とフランスの自殺者数

    日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
  4. 2011-3-28

    フランスの救助部隊満足に活動できず

    フランスの救助隊120人が救助装備と共に日本に到着し、救助にあたりましたが、あまり満足な活動が出来ず…
  5. 2007-6-7

    日・仏社会保障協定発効

    現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  6. 2015-5-27

    フランスも源泉徴収が開始される

    フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  7. 2009-12-2

    携帯めぐる教師と生徒の騒動

    パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
ページ上部へ戻る