AntenneFrance N.252 テクノパレード

┼                                   ┼
A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e______________________________n.252
  S O M M A I R E
  □テクノパレード
  □駐日フランス大使、フィリップ・ビゴ氏にシュヴァリエを授与
  □フランス太平洋艦隊に所属する駆逐艦「プレリアル」が佐世保に寄港
  □「アジアにおける宗教と政治」シンポジウム ジャック・シラク大統領の演説
_______________________________________________
◆◆
◆◆テクノパレード
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 フランスで人気のある音楽といえば、やはりテクノ・ミュージック。それを象徴
 するかのように、パリで第6回目のテクノパレードが、9月のある晴れた土曜日
 に開催されました。開催はテクノポールという非営利団体で、主にテクノミュー
 ジックを広めるという目的でこういったイベントを開催したり、新しいアーティ
 ストを発掘したりする活動を行っています。
 今年は14区のダンフェール・ロシュローから出発して、サン・ミッシェル経由
 で、バスチーユ広場まで、フランスだけでなく、マグレブ(北アフリカ・アラ
 ブ)諸国や南米などの海外からも参加した20もの団体が大型トラックに様々なデ
 コレーションをして行進し、午後から夜までテクノ三昧の一日でした。
 音楽の種類から、ゲイ・プライドと雰囲気が似ているのですが、こちらの方が参
 加人数も多く、純粋に音楽を楽しむためにヨーロッパ中から人が集まり、お祭り
 騒ぎになります。時にエキサイトした若者たちがバス停の屋根や、信号機の上に
 上って大騒ぎしたり、どこからともなく怪し気なタバコの臭いがしてきたりと少
 し異様な雰囲気にもなります。
 それにしても、このテクノ・パレードを見ていると、テクノミュージックと一概
 に言っても様々な種類があるのだなぁと実感させられます。ハウス、トランス、
 ドラムン・ベースなどはもちろん、インド音楽をテクノ風にアレンジしたもの
 や、ライ(アラブの演歌のようなもの)のテクノなど、他の民族音楽ともマッチ
 しやすい音楽なのだと思いました。70年代ソウル・ファンクミュージックのテク
 ノがかかった時は思わず踊りだしたくなる程の盛り上がりを見せていました。
 見せ物として面白かったのは、下着メーカー開催の、選りすぐられた容姿端麗な
 男女のモデルが下着姿で踊っていた車で、カラフルな下着をとっかえひっかえ着
 替えていて、なかなか目の保養になり、抜群の宣伝効果を見せていました。
 それからインド音楽の車では、インドの民族衣装を着た男女が、映画の中で見る
 ようなあの統一感のあるダンスを休む事なくぶっ続けで、しかも笑顔で踊ってい
 るのを見た時は感心させられました。
 全ての車がバスチーユに到着した時、ボルテージは最高潮になり、広場の中心に
 ある革命記念塔によじ上る人が続出。広場自体も移動が難しくなるくらいの混雑
 になります。それでも音楽はそれぞれの車から大音量で流れ、これが夜の8時頃
 まで続きます。まだあの重低音のリズムが耳の中で残るのを感じつつ、バスチー
 ユを後にしました。
 ・テクノポールのサイト
 www.technopol.net
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
◆◆
◆◆駐日フランス大使、フィリップ・ビゴ氏にシュヴァリエを授与
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2003年10月17日ベルナール・ド・モンフェラン駐日フランス大使は大使公邸で、
 パン職人およびレストラン経営者のフィリップ・ビゴ氏にレジオン・ドヌール勲
 章シュヴァリエを授与しました。
 ビゴ氏は38年前に神戸でフランスパン作りを始め、日本におけるフランスパン普
 及の第一人者として大きく貢献。材料を厳しく吟味し、フランス製品に求められ
 る質、伝統、本物の味への追求など、こだわりを持って仕事に取組んできまし
 た。
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
◆◆
◆◆フランス太平洋艦隊に所属する駆逐艦「プレリアル」が佐世保に寄港
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 フランス太平洋艦隊に所属する駆逐艦「プレリアル」(艦長マカリ海軍中佐)
 が、海上自衛隊の招待により2003年10月16日より21日まで、佐世保に
 寄港しています。
 同艦の西太平洋における任務は、フランスの外交活動を支援することにあり、今
 回、東・南シナ海において数回の哨戒活動を実施します。
 「プレリアル」の乗員は士官10名、下士官90名によって構成されています。
 「プレリアル」の佐世保寄港は、同艦の任務遂行に肝要な補給等の支援の他に、
 フランス海軍と海上自衛隊の友好関係を強化するための機会となるでしょう。
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
◆◆「アジアにおける宗教と政治」シンポジウム パリ、2003年10月3日
◆◆ジャック・シラク大統領の演説抜粋
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「フランスは今では複数の宗教が共存する国であり、こうした多様性を共和制の
 ライシテ(非宗教性)の原則に基づいて公正に受け入れている。フランスは非宗
 教性の原則を大いに尊重している。というのも、わが国はこの原則を自由、平
 等、友愛に必要な一つの条件と見ているからである。
 非宗教性、教会と国家の分離は、すなわち一人ひとりの信仰を尊重することでも
 ある。だれもが心の中で自由に信仰に生きたり、また信仰を持たなかったりする
 世界を明確に示すことである。
 様々な国の国民や文化、アイデンティティーなどが入り混じるグローバル化の時
 代にあって、フランス社会は他の先進諸国社会と同じように、新しい挑戦に直面
 している。
 われわれの世界は暴力に直面している。それは時として、宗教の名において行使
 される。こうした宗教行為の逸脱は、反啓蒙主義であり、狂信主義であり、それ
 らが暴力と化すテロリズムである。
 アジアは精神性の地であるとともに、宗教の大きな流れ、文明、民族が伝統的に
 共存する地であり、こうした問題に対して独自の答えを生み出してきた。とはい
 え、アジアもまたテロリズム、過激主義、狂信主義の危険にさらされている。
 私はアジアをよく知っているし、アジアが好きである。この大陸の文明と文化に
 感嘆の念を抱いている。私は年を追うごとにアジアと、アジア諸国の指導者やア
 ジアの様々な文化を代表する人々と、個人的な関係を築いてきたし、これらの関
 係を極めて大切にしている。私はアジアが政治、経済、社会の各方面で進歩し、
 世界貿易においてその地位を拡大する過程を、関心を持って見つめている。私は
 アジアとヨーロッパの真の対話を推し進めようと努力している。
 というのも、私は文明の衝突という運命を認めないからである。それどころか、
 私は寛容や相互理解、他者の尊重、人種主義と外国人嫌悪の撲滅などの促進を、
 フランスの国際行動における優先事項として掲げている。これらは最も有効な対
 立の防止策である。
 世界では文明間や文化間の対話がかつてないほど求められているが、そうした中
 で宗教の果たす役割に関して考察を深める作業は、アジアにとってもヨーロッパ
 にとっても重要である。
 われわれはこうした交流を始め、継続しなければならない。われわれは共に生き
 るためのルール作り、普遍的価値を中心に集まった世界のルール作りを、手を携
 えて進めなければならない。そしてそれは、多様性を尊重するルールでなければ
 ならない。」
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇

  このメールマガジンは、8つの方式で発行されています。
  まぐまぐ   
  Melma     
  Pubzine    
  ※当方の手作業による変更、中止は行っておりません。
  ※配信先の変更は、現在の配信を中止後、上記にてお申し込みください。
◇◇協賛・提携募集___________________________◇

  フランス・コミュニティーをサポートしていただける企業・お店を募集して
  います。詳しくは、 へ
◇◇AntenneFranceの活動 ________________________◇

 □ClubAntenneFrance
   会員制のフランス・クラブです。フランス関連のお店や商品を割引サービ
   スや特別編集の会報誌+DVDが購読できます。
 □rfi musique
   フランス国営国際放送(rfi)のフレンチポップス専門FM局を日本向けにイン
   ターネットでの放送しています。24時間フランスから放送中!
 □Paris Blanche
   
   毎日新聞のウェブサイトで掲載されているフランスファッションの記事
 □フランス・ウェブリング
   日本語のフランス関係のサイトのウェブ・リングです。
   日本のフランス・コミュニティーの輪です。
 □L’HEXAGONE
   フランス関連専門の検索エンジンです。フランス関連のホームページやノ
   ウハウなどを検索できます。
 □[email protected]
   フランスに関係した情報を交換する為のメーリングリストです。質問など
   マナーやルールを守ってご参加下さい。
◇◇お問い合わせ____________________________◇

  記事に関して   
  タイアップ    
  ホームページ   
  ホームページではオリジナル・スクリーンセーバーなどをダウンロードして
  います。
◇◇著作権について___________________________◇

  全ての記事はAntenneFranceのオリジナルもしくは提携した機関より提供して
  掲載しています。掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じ
  られています。
  発行:特定非営利活動法人AntenneFrance(アンテンヌフランス)
  ■1997-2002 AntenneFrance, All Rights Reserved.
┼                                   ┼
_____________________________________________________________F____I____N__
___________________________________A__n__t__e__n__n__e____F__r__a__n__c__e
http://www.AntenneFrance.com/

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. espace sans tabac
ページ上部へ戻る