節電、節酒の入り口?

欧米諸国では、エネルギー節減は定着しているのでしょうか?エネルギー危機に直面し、いくつかの国が消費量の削減に取り組んでいます。

ヨーロッパ最大の消費国であり、ロシアのガスに最も依存しているドイツは、消費削減のためのインセンティブを最初に導入した国である。自動車を避けるための安価な列車と、連邦政府による模範となる取り組みと。官公庁では、22℃の代わりに26℃でエアコンのスイッチを入れています。また、ドイツ経由でロシアのガスを輸入しているデンマークも始めている。スペインや日本もそうです。

この夏、日本の企業は、最も徳の高い家庭に対して、料金を削減するためのポイントを付与することにしました。省エネに関しては、欧米諸国は何をすべきかを知っています。1973年のオイルショックの後、彼らはそれを実証した。最近では、2011年に福島第一原子力発電所が津波に襲われ、ほとんどの原発が停止した後、日本は消費量を15%削減することで大規模な停電を回避することができました。

この規制の目的は、冬季の供給を保証することです。

ロシアがヨーロッパへのガス供給を停止することが大きな懸念材料だ。ベルリンによると、早ければ7月11日にノルドストリーム・ガスパイプラインのメンテナンス作業が行われるため、この事態が発生する可能性があるという。ここでいう少ないエネルギーを使うとは、不足分を管理することです。戦時中の経済に自分を投影し、脅威となる配給を避けるために、余分なものを諦めるという選択をすること。このような一時的で例外的な措置は、購買力の向上という大義名分にもつながるため、十分に受け入れられ、理解されうる。

これは断酒への第一歩ですが、それ自体はまだ機種変更ではありません。欧州では、2030年までに2020年比で10%の消費量削減を約束しています。これは、長期的な投資と、エネルギー効率化が意味する行動の変化に関する明確なコミュニケーションを必要とする画期的なものです。

企業はこのパラダイムシフトに対応できているのでしょうか?

その先陣を切って、すでにエネルギー消費の少ない業務に見直している企業もあります。しかし、これはお金の節約にとどまりません。生産するものを考え、循環型経済であるリサイクルに参加し、再配置を考えなければならないのです。この達成すべき革命は、我々の市場経済で有効なルールとは必ずしも相容れないものである。投資は、会計基準に従い、最長10年で償却しなければなりません。

メールマガジン購読

しかし、断酒に向かうためには、むしろ15年の減価償却を期待すべきなのです。そのため、企業はこの新しいエコロジーへの配慮を求めるようになったのです。フランスでは今週末、84人のビジネスリーダーが共同声明を発表し、「緊急時のエネルギー節減から組織的な節減へ」の転換を呼びかけた。今のところ、フランス政府は協議の段階です。先週、官民の企業を集めたワーキンググループが発足した。

一般消費者にとっては、購買力の防衛が優先される

省エネの問題でもない。フランス人が休暇に車や飛行機を使おうとしているときに、燃料費を少なくするように説明するのは難しい。したがって、エネルギー節減の要件や、それを達成するための手段の定義には、まだまだ時間がかかる。

その中で、暖房の効きやすい小さな家、道路の速度制限などの選択肢が挙げられています。これらの選択は、家庭の日常生活を根底から変えることになります。拒絶反応を起こさないようにするために、多くの教育が必要になる。燃料へのエコロジー税に反発した「黄色いベスト」運動は、今でも誰もが記憶している。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/aujourd-hui-l-économie/20220704-les-économies-d-énergie-une-passerelle-vers-la-sobriété

[ja] ALE_04072022.mp3 – powered by Happy Scribe

今、パリは午前7時18分。今日は景気のいい日です。ドミニク、バイヤール、ジャン・ジュリアンの3人です。欧米諸国では、エネルギー節減は定着しているのでしょうか?エネルギー危機に直面し、いくつかの国が消費量の削減に取り組んでいます。

ヨーロッパ最大のエネルギー消費国でありながら、ロシアのガスに最も依存しているドイツは、自動車を避けるために安価な列車を導入したり、連邦政府による模範となる取り組みなど、エネルギー消費を減らすためのインセンティブをいち早く導入しています。官公庁では、この夏、エアコンを22度ではなく26度でつけているそうです。ドイツ経由でロシアのガスを輸入しているデンマークも、スペインや日本も切り替えている。この夏、日本の企業は、最も徳の高い家庭に対して、省エネのための消費ポイントを付与することまで計画しています。欧米諸国は忙しくなってきている。1973年のオイルショックの後、彼らはそれを実証した。最近では、2011年に福島第一原子力発電所が津波に襲われ、ほとんどの原子力発電所が停止した後、日本は消費量を15%削減することで大規模な停電を回避することができました。

この規制の目的は、冬の間の物資を確保することです。

そう、ロシアがヨーロッパへのガス供給を停止することが大きな恐怖なのです。ベルリンによると、早ければ7月11日、ガスパイプライン「ノルドストリーム」のメンテナンス作業中に発生する可能性があるという。この文脈でより少ないエネルギーを使うことは、不足を管理し、脅威となる配給を避けるために余分なものをあきらめることを選択することによって、戦争経済に自らを投影することを意味する。このような例外的な一時的措置は、購買力の向上という大義名分もあるので、十分に受け入れられ、理解されるでしょう。これが断酒への第一歩です。欧州では、2030年までにエネルギー消費量を2020年比で10%削減することを約束しています。これは画期的なことで、長期的な投資と、エネルギー効率化が意味する行動の変化に関する明確なコミュニケーションが必要です。

では、企業はこのパラダイムシフトに対応しているのでしょうか。

その最前線にいる企業もあります。すでに省エネのための業務の見直しも行っている。これは、節約効果を測定するだけではありません。循環型経済、循環型経済の一翼を担うために、生産するものを考え、再配置を考えなければなりません。この達成すべき革命は、我々の市場経済で施行されているルールと必ずしも両立するものではありません。例えば、投資は会計基準上、最長10年で減価償却しなければなりません。しかし、断酒に向かうためには、むしろ15年の減価償却をあてにしなければならない。そのため、企業はこの新しいエコロジーへの配慮を求めるようになったのです。フランスでは今週末、84人のビジネスリーダーが共同声明を発表し、緊急時のエネルギー節減から組織的な節減への移行を呼びかけた。現在、フランス政府は協議の段階に入っています。先週、官民の企業を集めたワーキンググループが発足した。

ドミニクは?一般消費者にとっては、購買力を守ることが最優先です。

はい、今のところフランスにいます。今年の夏は、節電どころではありません。フランス人が休暇に車や飛行機を使おうとしているときに、燃料費を少なくするように説明するのは難しい。エネルギー節減の要件や、それを実現するための手段の定義には、まだまだ距離があります。その中で、暖房の効きやすい小型の家というアイデアも挙げられています。道路の速度制限とか。これらの選択は、家庭の日常生活を根本的に変えるものであり、拒絶反応を起こさないようにするためには、多くの教育が必要です。燃料へのエコロジー税に反発した「黄色いベスト」運動は、今でも誰もが記憶している。

そして、経済担当のドミニク・バイラール、どうもありがとうございました。

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 883
Enable Notifications OK No thanks