フランスの有機農家、政府の支援不足に「怒り心頭」

フランスの農家は、パリの毎年恒例の農業フェアで、彼らの服と彼らの苦悩を披露しています。そして、各セクターには特定の問題がありますが、有機農家は、売上の減少と政府の支援の減少という二重の打撃に直面していると言います。

ジャン=マキシム・ビュイソンは、ドローム南部のブルドーにある有機農場で3,000羽の産卵鶏を育てています。フランスの有機農業連盟(FNAB)の管理者は、2020年12月末の2回目のCovidロックダウンの後、この分野の困難が始まったと述べている。

「ロックダウンは消費者の習慣の面で市場をひっくり返し、同時に州は金融を撤回した」と彼はRFIに語った。「私たちの地域は、有機農業を維持するためのボーナスであるMABを失いました。それは背中の最初の刺し傷でした。

ビュイソンは卵を売るための独自のネットワークを持っており、彼の鶏の飼料の一部は30ヘクタールの家族の農場で生産されていますが、彼はまだインフレと経済危機の影響を感じています。

「私たちの料金は大幅に上昇し、私はスタッフを解雇することを避けるためにほとんど給料を引き出していません。政府が2023年にテーブルに置いた1億1000万ユーロの緊急計画は、私が従業員にしがみつくのに役立ちましたが、見込みはありません。」

彼は、小さな農場を運営することは、市場の不確実性により簡単に適応できることを意味することを望んでいますが、より大きな有機農家はより脆弱です。

「より長いチェーンで働いている人々は、ディストリビューターがゲームをプレイせず、利益率の大部分を吸収するため、強力なサポートを必要としています。」

ドローム南部のブルドーにある有機卵農場のジャン=マキシム・ビュイソン。© ジャン=マキシム・ビュイソン
ドローム南部のブルドーにある有機卵農場のジャン=マキシム・ビュイソン。© ジャン=マキシム・ビュイソン

売上の減少

フランスのオーガニック食品市場の長年の成長の後、2022年の売上高は5%(インフレを除く)減少した。

「有機リンゴの50%は買い手を見つけていません」と、農民連盟連合(コンフェデレーション・ペイザンヌ)の代表でもある羊農家でマーケットガーデナーのヴィンセント・デルマスは言います。

「多くの人がオーガニックに転換し、市場が十分に発展していなかったのかもしれない」と彼はRFIに語った。

しかし、彼はまた、大規模な小売部門との貿易関係における農家の保護を強化し、生産コストに基づいて販売価格を設定できるようにすることを目的とした2018年のエガリム法を完全に実施しなかったことを州が非難しています。

この法律はまた、2022年までに学校などの公的補助を受けた食堂で20%の有機農産物の目標を設定した。

それは起こっていない、とデルマスは言う、「だから州には責任があり、大きなスーパーマーケットもそうです – 有機食品の利益率は非有機食品よりもはるかに大きい」。

これにより、タイトな予算を持つ消費者が「オーガニック食品から遠ざかっている」と彼は言う。

一方、有機栽培に転換された農地の量は2022年に24%減少し、有機農業をあきらめる農家の数が増加した。

デルマスは、その傾向が続くのではないかと恐れている。

「有機穀物が非有機穀物と同じ価格で購入されているのを見ると、コストが高く、収量が低いため、自問する人もいます。」

「私たちは見捨てられたと感じています」

有機農家はまた、フランスの主要な農業組合による大規模な抗議を受けて、農薬の使用を減らす計画を一時停止するという政府の決定に失望している。

政府は、農民が使用できる農薬の量を制限するノドゥと呼ばれる措置を特に放棄した。代わりに、彼らは使用される農薬の強さに基づいて尺度を使用します。

ビュイソンは、人間の健康と環境に重大なリスクをもたらす農薬の削減に関するフランスのターンアバウトは、ほんの数週間前に始まったのではないと言います。

「それは6年かそこら続いている」と彼は言った。「有機農家は、[農薬を使用しないことによって]提供されたサービスを補うために、1ヘクタールあたり200ユーロ強を受け取っていました。「92ユーロに下がった。」

そして、政府は有機農家が危機を乗り越えるのを助けるために今月さらに5000万ユーロをテーブルに置いたが、これは十分ではない、とビュイソンはRFIに語った。

「私たちのネットワークは、2023年に3億ユーロの損失を見積もっています。私たちは見捨てられたと感じています。しかし、人間の健康に関して危機に瀕していることを考えると、私たちは支援されるべきです。

2022年4月、2期目の選挙運動中、エマニュエル・マクロン大統領はフランスを「偉大な緑の国」にすることを約束した。しかし、ビュイソンは、現実は単に彼のような農民を「怒りで緑(green with rage)」にしたと言います。

この記事は、Pauline Gleizeの報告、Alison Hirdの言葉に基づいています。

https://www.rfi.fr/en/france/20240228-france-s-organic-farmers-green-with-rage-over-lack-of-government-support

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1745
Enable Notifications OK No thanks