カテゴリー:食・グルメ

  • アペリティフ365

    2004年にフランスから提唱された「アペリティフの日」。11年目を迎えましたが、今年は一年365日楽しめるアペリティフの習慣化を目指して「アペリティフ365」と銘打ち、代官山で三日間に渡って開催することになりました。 …
  • おいしい紅茶の入れ方

    ヴェルサイユ祭の内容をご紹介してきましたが、今回は紅茶のおいしい入れ方のコツをご紹介しましょう。ニナス・パリスの輸入元を担当されている方から伺いました。 ◆おいしい紅茶の入れ方◆ お湯は沸騰で お湯はぐつ…
  • 王の菜園ル・ポタジェ・ド・ロワ

    ■太陽王の菜園 観光客で賑やかなヴェルサイユ宮殿の一画に、静かな散策が楽しめる菜園がある。ヴェルサイユ宮殿の食卓にのぼる野菜や果物の栽培を一手に担っていた王の菜園、ル・ポタジェ・ド・ロワだ。 王の菜園ル・ポタジェ…
  • アペリティフの日

    6月の第1木曜日「アペリティフの日」です。今年は6月7日です。 2004年から始まりましたが、今年は、東京のみならず京都、千葉、埼玉、横濱、名古屋、大阪、岡山、土佐、宮崎、仙台でも開催されます。各都市の開催は主催者が違…
  • アペしない? by 服部幸應

    6/7日はアペリティフの日「アペしない?」

    [caption id="attachment_2217" align="alignleft" width="200" caption="服部幸應の「アペしない?」イメージ"][/caption]6年前から日本でも開催さ…
  • 星付きシェフが郡山で「フランス炊き出し隊」

    日本在住フランス人が避難者を支援しようと手を結び「フランス炊き出し隊」を結成、福島原発事故で避難生活を余儀なくされている住民の方々に暖かい料理を提供しています。  在外フランス人連合の主導、在日フランス人協会…

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 中小企業に比べ税金を払わない大手企業

    フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。 その…
  2. アメリカの次はフランスか?

    アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  3. 幼児教育への関心高まる

    日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  4. フランスの匿名出産制度

    日本でも赤ちゃんポストの設置が議論をよんだことがあるが、これは出産後母親が育児放棄をしてしまう事で不…
  5. フランスの工業に対して対策

    フランスはEUで最も工業の空洞化がおきている国だそうで、ドイツの工業の付加価値がフランスの2倍とサル…
ページ上部へ戻る