ブラックボックス探査に潜水機派遣

消息不明となったエールフランス447便捜索のため、フランスは深海探査用の潜水機での調査に乗り出す。深海に沈んだと思われる航空機のブラックボックスを回収するのが目的だ。本来は調査目的の潜水機だが、今回は2つのブラックボックスの捜索にかり出される。

ブラックボックスとはフライトデータレコーダーとコックピットボイスレコーダーの二つのことを指す。飛行中の速度、高度、音声や交信内容のデータから事故の原因究明にあたる。フランスでは事故原因について憶測が飛び交っているが、今後の事故防止のためにもブラックボックスの発見は必至だ。

ブラックボックスは水深3000メートル以上にあると推測されている。信号を発信しているが、1500メートルまで。付近の波は荒く、捜索は困難を極める模様。さらに6月30日を過ぎると信号が途絶えるとあって、調査が急がれている。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため使い捨てのプラスチック製品が脚光を浴びています。プラスチック…
  3. フランスでは会計検査院が上場している多国籍企業が税を免れているという調査結果を発表した。その…
  4. 日本での現政権の維持が困難なことが原因か、麻生総理はG8で参加国首脳にもメディアにもあまり相手にされ…
  5. 壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  6. 数年前にフランスのニュース専門局LCIのキャスターMelissa Theuriau(メリッサ・テュリ…
  7. しかしパリジャン紙によれば、最近フランスの民間研究所「平和と紛争に関する資料研究センター(CDRPC…
ページ上部へ戻る