ブラックボックス探査に潜水機派遣

消息不明となったエールフランス447便捜索のため、フランスは深海探査用の潜水機での調査に乗り出す。深海に沈んだと思われる航空機のブラックボックスを回収するのが目的だ。本来は調査目的の潜水機だが、今回は2つのブラックボックスの捜索にかり出される。

ブラックボックスとはフライトデータレコーダーとコックピットボイスレコーダーの二つのことを指す。飛行中の速度、高度、音声や交信内容のデータから事故の原因究明にあたる。フランスでは事故原因について憶測が飛び交っているが、今後の事故防止のためにもブラックボックスの発見は必至だ。

ブラックボックスは水深3000メートル以上にあると推測されている。信号を発信しているが、1500メートルまで。付近の波は荒く、捜索は困難を極める模様。さらに6月30日を過ぎると信号が途絶えるとあって、調査が急がれている。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 次世代原子炉はコンコルド(超音速旅客機)となってしまうのか?

    次世代原子炉が元凶 フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  2. フランス製の高級品、輸入品と勝負

    衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  3. 広がるアンチユーロ派の主張

    欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  4. シニアの雇用促進

    日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  5. フランスで年金受給年齢引き上げ

    日本でも年金受給年齢が65才に上がったが、ヨーロッパでも受給年齢を上げる案が出てきている。フランスは…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial