潜水艦:フランスとAukus同盟の国々との間の状況は落ち着かない

オーストラリアがフランスの潜水艦を560億ユーロで購入するという巨大契約をキャンセルしたことに関連する危機感は和らぐことはない。この契約をキャンセルしてアメリカの潜水艦を採用するというキャンベラの決定は、パリの人々の怒りを買った。いわゆるAukus同盟の3カ国は、今、パリを安心させようとしている。アメリカ大統領はフランス大統領に電話をかけることを申し出、イギリスとオーストラリアは厄介な状況を打開しようとしている

一方、英国の首相は、フランスの隣国との関係が非常に重要であることを強調し、ロンドンはパリに対して「永遠の」愛を持っていると述べています。ボリス・ジョンソンは、中国に対抗するために先週締結された戦略的パートナーシップであるAukusは「排他的」ではなく、パリは「心配」する必要はないとフランスを安心させようとしました。

第一次世界大戦と第二次世界大戦

オーストラリアは月曜日、第一次および第二次世界大戦中にフランスの領土を守るために何万人ものオーストラリア人がフランスの地で命を落とし、フランスへの愛着を証明したと発表しました。

フランスはまだ説明を求めている

しかし、その緊張感はまだ収まっていない。フランス政府のガブリエル・アタル報道官は日曜日、「重大な背任行為のように見える」ことについて、フランスは引き続き説明を求めていると述べた。EU加盟国の外務大臣は、今晩、国連総会に合わせて会合を開き、今回の事件がEU-27とオーストラリアの貿易関係に与える影響について協議します。

シェアしよう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です