フローレンス・パルリー軍務大臣は、2021年10月20日(水)、フランス軍の新しいドクトリンを発表しました。ケンゾー・トリブイヤール / AFP

特にFacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークのアルゴリズムによる情報操作は、フランス軍が興味を持っているパラメータです。

10月20日(水)に発表されたフランス軍の新教範では、次のように述べられています。「敵を欺くことを目的とした操作可能な虚偽の情報は武器となり得る。そこで、フローレンス・パーリー軍務大臣は、発言するや否や、国連憲章や国際人道法に線を引き、狡猾さは認められるが背信行為は禁止されるとした。

例えば、他国になりすまして選挙を操作したり、ジャーナリストにとって重大な危険をもたらす可能性のあるプレスカードを持った覆面調査員をメディアに起用したりするようなことはありません。しかし、情報戦で黙っているわけにはいかず、Facebookがアフリカで示したように、フランス軍はそのために偽のアカウントを使っています。それは、敵の策略を察知することと、アルゴリズムを制御して人々に影響を与えることの両方が問題であり、企業はその方法を知っていて、時には中傷キャンペーンの犠牲になったり、影響力争いに巻き込まれたりする。

戦闘兵器であるアルゴリズム?これほど明確に国が主張したのは初めてのことです。一方で、ロシアや中国はソーシャルネットワークの操作を嫌いませんから、これは驚くべきことではありません。また、ドナルド・トランプ氏やジャイル・ボルソナロ氏が、特に選挙戦でツイッターやフェイスブックを使って情報に酔いしれているのを見たことがあります。フランスを含む6カ国で実施された最近のTwitterの調査によると、アルゴリズムによって管理されたニュースフィードは、右翼的なコンテンツを好む傾向があることがわかりました。

つまり、時系列ではなく、アルゴリズムによってインターネットユーザーが興味を持ちそうな内容のツイートが上位に来ると、最右翼の政党に有利になるということです。最も分裂的な立場にあるものがコメントにつながり、その結果、ツイートのエンゲージメント率が高くなることは容易に理解できます。例えば、今週、エリック・ゼムールはパリで開催されたミリポルの展示会でマシンガンを振り回し、ジャーナリストに向けて撃った。憤りは保証されているので、反応、質問、非難、つまりアルゴリズム上でイメージが上昇するのを助けるエンゲージメントが必要です。

このような状況下で、ソーシャルネットワークは、信頼できる情報を提供する義務があります。フランスでは、フェイスブックはこの点を理解しており、一般情報誌と著作権契約を結んだばかりです。また、質の高い情報を発信するために、Facebookニュースというスペースを設けることになりました。