外交、軍備、核:フランスがどんな犠牲を払ってもインドとの同盟を強化したい理由

今年、フランスはインドのナレンドラ・モディ首相を7月14日の式典に招待した。そして、ヒンドゥー教のナショナリストが彼の権威主義的な行き過ぎで批判されているという事実にもかかわらず、彼はパリの目には不可欠なパートナーです。

約15億人の住民、地球上で最も若い人口、経済力と強い成長のテーブルで5位…インドは有望な市場で多くの関心を集めています。

フランスはこの可能性を明確に見ている。その国は確かにアジアの巨人に賭けており、これは新しいことではありません。証拠として、ニューデリーとの戦略的パートナーシップは今年で25周年を迎えています。ミラージュとラファール航空機とスコーペン潜水艦の納入は、特に武器産業にとって有益な協力を示しています。ロシアに次いで、フランスは現在、米国に先を抜いて、インド最大の軍事機器供給国です。

しかし、ナレンドラ・モディの国は、フランスが積極的な役割を果たすつもりであるインド太平洋の柱でもあります。中国を相殺し、自由でオープンな空間を確保するために、パリは伝統的なアメリカ、オーストラリア、日本の同盟国と一緒にニューデリーを必要としています。

インドは温室効果ガスの3番目に大きな排出国であり、地球温暖化と戦うために、ニューデリーはパリの目には同じように不可欠です。

核協力

フランスはまた、両国間の核問題を前進させるつもりだ。ニューデリーはフランスの巨大なEPR技術工場の購入に関心を示しているが、2010年から交渉が続いている。当時、インドは、世界で最も強力な発電所を設立する目的で、国の西海岸に2つの原子炉の建設を交渉する協定をフランスと締結しました。

しかし、それ以来、議論は克服するのが難しい障害に直面しました。まず、インドは民事責任を恐れている。ニューデリーは、フランスとそのメーカーEDFが原子力事故が発生した場合に責任を負うことを望んでいます。

第二に、価格は交渉を弱体化させる。ゲートウェイハウス研究センターのエネルギー問題を専門とする研究者、アミット・バンダリによると、後者は法外である可能性があるという。彼は「メガワット当たりのコストは、インドの設計工場の少なくとも2倍になる」と推定している。彼は、「したがって、このEPR原子炉がインドで建設される可能性は低い」と付け加えた。

一方、フランスの会社EDFは2年前に商業提案を提出しました。

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20230713-diplomatie-armement-nucléaire-pourquoi-la-france-veut-à-tout-prix-renforcer-son-alliance-avec-l-inde

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1694
Enable Notifications OK No thanks