Doing Businessランキングの廃止が必要だった理由

世界銀行が毎年発表している「Doing Business」ランキングがなくなった。2021年9月16日(木)に確定的に放棄されました。長年チャレンジしてきた人たちは、「それはいいことだ」と言う。

しかも、その数は多い。もちろん、評価が低く、それゆえに不幸な状態もあります。しかし、何百ものNGOもあります。2021年3月には、経済・開発分野の団体や研究者360名が廃止を求める署名活動を行いました。反乱は、2018年に世界銀行のチーフエコノミストが着任して1年余りで辞任したことで勃発しました。その数ヵ月後にノーベル賞を受賞することになるアメリカ人のポール・ローマーは、このランキングの知的誠実さの欠如に衝撃を受けた。彼は、チリのスコア操作を公に非難していた。社会主義者のミシェル・バチェレが政権を取った後は格下げされ、自由主義者のピネラが大統領になった後は再び格上げされた。この間、ビジネス環境はほぼ安定していたにもかかわらず、ミシェル・バチェレ氏が再選されると、再び落ち込んでしまった。

この「Doing Business」は、IMF専務理事を巻き込んだ最終的な論争を経て廃止された。

2つの金融機関の年次総会を数週間後に控え、一刻も早く火を消すことが急務となっていた。世界銀行に在籍していたクリスタリナ・ジョージビア氏は、中国を含む複数の国に圧力をかけた疑いがあります。事実は、中国の2018年にさかのぼります。この銀行は、緊急に資金を必要としていた。最初の貢献者であるドナルド・トランプの米国は気乗りがせず、3番目の貢献者である中国を怒らせるのは難しい状況でした。最終的に、中国は78位を維持しました。これらの事実が事実であれば、機関の独立性よりも目先の利益が優先されていることを示している。

実質的には、ランキングを批判する人たちは、世界銀行が裁判官と陪審員を兼ねることはできないと指摘しています。

世銀は、貧しい国や危機に瀕している国の政府に資金提供や助言を行う一方で、その国の将来を左右するような格付けを行っています。約20年前に作成されたこの報告書が異常なほどの重要性を帯びているため、これらの役割はますます衝突しています。インドやルワンダのように、単にDoing Businessレポートの期待値をよりよく満たすために改革を行っている国もあります。発展途上国や新興国にとっては、特に結果が良くなったときには、外国人投資家を呼び込むための宣伝効果の高い名刺となります。これはカントリーリスクの計算に考慮されており、国家が借り入れる際の金利に影響を与えます。さらに2019年までは、世界銀行はランキングを上げたい国に有償でアドバイスを提供しており、アラブ首長国連邦やサウジアラビアなどがそのアドバイスを求めていました。しかし、その反響の大きさに押されて、中止されてしまいました。

また、アングロサクソン・バイアスがかかっているという批判もあります。

これは、2015年にフランスが行った批判です。当時のパリは、この年、ジャマイカに次いで44位だったことに腹を立てていた。フランスは、アングロサクソンの世界のリベラルなビジョンが分析に勝っていると考えています。また、法律の制定は考慮されますが、その適用は考慮されませんので、非常に歪んだ現実を見ることになります。ケインズ派の経済学者は、この「Doing Business」は、1980年代と1990年代にIMFが苦し紛れに実施した金融調整プログラムの自然な産物だと考えている。経済の自由化を促進する要素は平均値を上げ、国が設ける保護は平均値を下げます。ただし、コヴィド-19の大流行に見られるように、危機の際には安定化の役割を果たします。

シェアしよう!