フランスと中国の60年にわたる困難な関係

今週は、パリが中華人民共和国と外交関係を樹立してから60年を迎え、フランスは共産主義政権を正式に認めた最初の西側の主要国になりました。しかし、フランスは早くから北京を認めていたが、関係はあまり安定していなかった。

ヤン・ファン・デル・メイド

フランスの動きは、世界外交の顔を変えたリチャード・ニクソン米大統領の1972年の画期的な旅行に8年先行した。

「フランスと中国にとって、1959年に始まった中ソの亀裂の文脈で、より独立した外交政策を発展させることは重要だった」と、パリに本拠を置くアジアセンターの上級研究員であるジャン=ピエール・カベスタンはRFIに語った。

しかし、もっと重要なことに、パリは、第二次世界大戦後の世界の警察官としての自称の役割に陥る準備ができていないことを米国に示したかった。

フランスの承認は、中国共産党が台湾に逃げた国民党に対する血なまぐさい内戦に勝利してから15年後の1964年1月27日に行われた。

当時、ほとんどの国は台北を「中華民国」と呼ばれるものの唯一の正当な代表と見なしていた。

スイス、スカンジナビア諸国、フィンランドだけが共産主義の北京を認めた。

不幸なアメリカ

それは、フランスのシャルル・ド・ゴール大統領が世界的な外交変化の時が来たと判断した1964年まで、それは現状のままでした。

ワシントンはそれを嫌っていた。カベスタンによると、リンドン・ジョンソン大統領下の米国政権は、北京との関係を正常化するという決定に「非常に不満」だった。

パリがNATOを辞め、その領土からすべての米軍基地を追い出すことを決めたとき、関係はさらに悪化した。

「フランスと中国の両方で、当時国際関係を支配していた2つのブロックから離れる意欲があった」とカベスタンは言った。

フランスの中国大使黄陳(L)は、1964年6月6日、パリのエリゼ宮殿でシャルル・ド・ゴール大統領(C)とモーリス・クーヴ・ド・ムルヴィル外相に会い、信任状を提示した。© AFP / ストリンガー
フランスの中国大使黄陳(L)は、1964年6月6日、パリのエリゼ宮殿でシャルル・ド・ゴール大統領(C)とモーリス・クーヴ・ド・ムルヴィル外相に会い、信任状を提示した。© AFP / ストリンガー

しかし、パーティーは長くは続かなかった。北京とパリが外交を結びつけた直後、中国の指導者毛沢東は文化大革命を起こし、国を混乱に陥れた。

物質よりもシンボル

フランス大使館職員のほとんどと、当時中国で勉強を始めたすべてのフランス人学生は去らなければならなかった。

北京は、1972年に中国との関係を正常化したドイツ、カナダ、オーストリアなどの他の国よりも早く中国を認めたフランスを称賛した。しかし、最終的には、中国が外の世界との交流を停止することを決定したため、フランスにとって利益はほとんどありませんでした。

カベスタンによると、1972年まで、フランスと中国の関係は実体を欠いていた。「何の関係もなかった」

しかし、ジャン=ポール・サルトルを含むフランスの知識人は、毛沢東の共産主義版に強い関心を持っていました。

間違った理由から、カベスタンは次のように考えています。「文化大革命は、毛沢東がより多くの民主主義、より多くの言論の自由、指導部の批判の自由を許可する傾向があるという印象を与えました。しかし、実際には、赤衛隊[共産主義学生準軍事組織]は、党内の毛沢東の敵を攻撃するために毛沢東主義者によって洗脳され、彼らは生まれ変わった民主党員ではありませんでした。」

フランスの中国大使黄陳(L)は、1964年6月6日、パリのエリゼ宮殿でシャルル・ド・ゴール大統領(C)とモーリス・クーヴ・ド・ムルヴィル外相に会い、信任状を提示した。© AFP / ストリンガー
フランスの中国大使黄陳(L)は、1964年6月6日、パリのエリゼ宮殿でシャルル・ド・ゴール大統領(C)とモーリス・クーヴ・ド・ムルヴィル外相に会い、信任状を提示した。© AFP / ストリンガー

しかし、パーティーは長くは続かなかった。北京とパリが外交を結びつけた直後、中国の指導者毛沢東は文化大革命を起こし、国を混乱に陥れた。

物質よりもシンボル

フランス大使館職員のほとんどと、当時中国で勉強を始めたすべてのフランス人学生は去らなければならなかった。

北京は、1972年に中国との関係を正常化したドイツ、カナダ、オーストリアなどの他の国よりも早く中国を認めたフランスを称賛した。しかし、最終的には、中国が外の世界との交流を停止することを決定したため、フランスにとって利益はほとんどありませんでした。

カベスタンによると、1972年まで、フランスと中国の関係は実体を欠いていた。「何の関係もなかった」

しかし、ジャン=ポール・サルトルを含むフランスの知識人は、毛沢東の共産主義版に強い関心を持っていました。

間違った理由から、カベスタンは次のように考えています。「文化大革命は、毛沢東がより多くの民主主義、より多くの言論の自由、指導部の批判の自由を許可する傾向があるという印象を与えました。しかし、実際には、赤衛隊[共産主義学生準軍事組織]は、党内の毛沢東の敵を攻撃するために毛沢東主義者によって洗脳され、彼らは生まれ変わった民主党員ではありませんでした。」

フランスの哲学者ジャン=ポール・サルトルと彼の仲間、中国のシモーヌ・ド・ボーヴォワール、1955年10月1日。© Liu Dong'ao, Xinhua News Agency / ウィキメディア・コモンズ経由のパブリックドメイン
フランスの哲学者ジャン=ポール・サルトルと彼の仲間、中国のシモーヌ・ド・ボーヴォワール、1955年10月1日。© Liu Dong’ao, Xinhua News Agency / ウィキメディア・コモンズ経由のパブリックドメイン

利益対人権

毛沢東が亡くなり、彼の後継者である鄧小平が中国を外国投資に開放することを決めたとき、すべてが変わりました。

外国人投資家は、シトロエン、ダノン、大手ワインや高級住宅などのフランス最大のブランドを含む、潜在的に有利な10億の強力な消費者市場の一部のために列に並んでいました。

1980年代以降、パリは中国市場のシェアを得ることと、中国の人権記録を批判することの間の細い線を歩こうとした。

1989年6月4日の天安門広場の取り締まりの後、特にフランスの外交官が潜在的な逮捕から中国の反体制派を救出する作戦に関与し、パリが一時的に政権の追放された反対者の拠点となったとき、関係はかなり冷静になりました。

しかし、それは長くは続かなかった。「これらの難民の多くはフランスに滞在しなかったが、フランスに数ヶ月滞在した後、米国に移住した」とカベスタンは言う。

1989年7月12日に撮影されたこの写真では、中国の反体制派Wu'erkaixiは、中国から逃れた学生を歓迎するために設立されたパリの中国民主主義院の落成式で講演しています。© AFP / ピエール・ギロー
1989年7月12日に撮影されたこの写真では、中国の反体制派Wu’erkaixiは、中国から逃れた学生を歓迎するために設立されたパリの中国民主主義院の落成式で講演しています。© AFP / ピエール・ギロー

しかし、パリは1990年代初頭に6機のラファイエット級フリゲートと60機のミラージュ2000ジェット機を台湾に販売する機会にすぐに飛びついた。

中国がフランス企業のボイコットを開始したとき、北京との関係は大幅に悪化し、窓はすぐに閉じました。

1992年、Dengは1989年の天安門弾圧後に停滞していた中国経済を再開し、自由の資本主義のジャングルに変えた。

Dengは、中国の共産党が、ベルリンの壁崩壊とワルシャワ条約機構の崩壊後、1991年に解散した停滞したソビエトのカウンターパートと同じ運命に直面していることを恐れた。

「フランス政府は、他の欧州政府と同様に、中国との経済・貿易関係を発展させ、人権問題を損なうことを優先することを決定した」とカベスタンは述べた。

台湾への軍事販売は、右翼のエドゥアール・バラドゥール首相の下で停止され、フランス企業が再び中国市場に戻ることを可能にしました。

一方、人権は、世論をなだめるために、公式会議で慎重に言及されただけです。

「システィスティックライバル」?

習近平が2012年に政権を握り、中国の自由奔放な経済を抑制した後、事態は再び変わった。

欧州連合は中国を「体系的なライバル」と宣言し、外国人投資家は国を離れ始め、チベットと新疆ウイグル自治区における北京の少数民族の扱い、香港の自由の圧迫、台湾に対するますます好戦的なレトリックに関するますます激しい人権報告によって激怒したフランスの世論は、中国に反対した。

「世論調査を見ると、中国のイメージは非常に否定的です – それは本当に下がっています」とカベスタンは言います。

そして、中国はそれに気づいていないわけではない。特にCovid-19のパンデミックに起因する3年間の隔離の後、「北京は再接続の必要性を感じている」とカベスタンは信じている。

中国と西洋の指導者による最近の訪問の急増は、「中国が西洋、特にヨーロッパ人に手を差し伸べる」と「米国との何らかのコミュニケーションチャネルを再開する意欲」を示しているが、「環境は2019年以前よりもはるかに困難である」と彼は言う。

しかし、中国とフランスとの関係は改善され、特に昨年のフランスのエマニュエル・マクロン大統領の中国訪問後、今や「かなり良好でポジティブ」と呼ぶことができる、とカベスタンは言う。

しかし、パリの中国大使館は、ウェブサイト上の長い記事で、「今後60年間でさらに明るい中仏関係を築くために過去の勢いを続ける」ことを望んでいると述べているが、今週の60周年を記念する大きな式典は計画されていない。

マクロンは代わりに、中国のもう一つの「体系的なライバル」であるインドに行き、そこで彼は華やかさと状況で受け入れられました – フランスが将来への外交的希望を置いている場所の兆候です。

https://www.rfi.fr/en/international/20240127-six-decades-of-rocky-relations-between-france-and-china

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1530
Enable Notifications OK No thanks