フランスは20年前よりも人種差別的、性差別的、同性愛嫌悪が少ない:レポート

今週の報告によると、フランス社会は今日、20年前に比べて人種差別的ではなく、性差別的ではなく、同性愛嫌悪的ではないが、社会の不寛容な部分が意見を表明する際により攻撃的になっていることがわかった。

不平等観測所が発表した報告書は、フランス社会は2003年よりもオープンで、性差別、人種差別、同性愛嫌悪が衰退していると述べた。

一方、特定の「不寛容の表現」に関連する暴力は依然として安定しており、場合によっては増加しています。

フランス国家人権諮問委員会(CNCDH)は、2003年から2023年の間に「全く人種差別的ではない」と言うフランス人の割合が倍増し、30%から60%に上昇したと主張している。

さらに、「優れた人種」が存在すると信じているフランス人は3倍少なく、20年前の14%と比較して、今日の5%です。

Ifopによると、同性愛嫌悪にも下降傾向があり、質問された人々の85%が同性愛は「自分のセクシュアリティを経験するもう一つの方法」であると信じている。

これは20年前の67%と比較されます。

一方、連帯省のデータは、フランス人の間で性差別もあまり普及していないことを示している。

「理想的には、女性は子供を育てるために家にいるべきだ」と信じている人の割合は半減し、40%から20%に減少した。

「不寛容の犯罪」は依然として増加している

改善にもかかわらず、「人種差別、性差別、LGBT恐怖症の最も暴力的な表現は減少していない」と研究は、内務省のデータを引用して発見した。

2022年には、12,500の人種差別犯罪と犯罪が警察によって記録され、同年に約2,400件の反LGBTQI+犯罪と犯罪が記録され、過去5年間で着実に増加しています。

2020年には約20万人の性差別犯罪が報告され、障害者は身体障害者よりも身体的または性的暴力を経験する可能性が60%高い。

「50万人以上が1年間で人種差別的虐待を受け、15万人が同性愛嫌悪虐待を受け、140万人の女性が性差別的虐待を受けたと報告している」と報告書は述べた。

しかし、これらの数字は、暴力的な形態の差別についてより容易に話す人々と部分的に関連しています。以前は隠されていた事件は、より頻繁に報告され、よりよく記録されます。

https://www.rfi.fr/en/france/20231130-france-is-less-racist-sexist-and-homophobic-than-20-years-ago-report

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1742
Enable Notifications OK No thanks