日本、イギリス、イタリアは新世代の戦闘機を開発する

英国のリシ・スナック首相によると、緊張した地政学的文脈で「新たな脅威」に直面して3カ国が安全を確保することだ。プロトタイプは2035年に作成される予定です。

英国のリシ・スナック首相にとって、ロンドン、ローマ、東京のパートナーシップの目的は、「防衛技術の進歩の最前線にとどまること、私たちを傷つけたい人々を前進させ、阻止する」ことを可能にしなければならない。「これは、新しい脅威に直面して私たちの国の安全を確保できることを意味します」と彼はイングランド北東部の王立空軍基地から主張した。

GCAP(グローバルコンバットエアプログラム)と呼ばれるプログラムの一環として、プロジェクトの費用の詳細はまだ確定していない、と日本国防省の関係者は言う。プロトタイプの生産は2035年までに2030年か2031年頃に開始されるはずです。

3カ国間のこの協力は、無人航空機などの高度な空戦技術ですでに開始された研究を利用する必要があります。将来の戦闘機は、アメリカのロッキード・マーティンで設計され、2000年に就航した日本の三菱F-2の後継機と見なされています。その開発には、英国が実施し、そのプロトタイプが「今後5年以内に」発表されるテンペスト戦闘機プロジェクトの進捗状況を含める必要があります。

日本の経済日経、日本の三菱重工業、英国のBAEシステムズ、イタリアのレオナルドがプロジェクトの中心にいるはずです。「民主主義、経済、安全保障を守り、地域の安定を守ることが重要であるため、信頼できる抑止力によってサポートされ、強化される強力な防衛と安全保障のパートナーシップが必要だ」と3人のパートナーは声明で述べた。

防衛戦略がアメリカの同盟国に大きく依存している日本は、ウクライナ侵攻後の国境、北朝鮮から中国、ロシアで感じる増大する脅威に直面するために、この分野での能力を大幅に向上させようとしています。

「インド太平洋の緊迫した文脈では、日本はパートナーシップを増やしたいと考えています。オーストラリアとイギリスにとても近いです。したがって、これはヨーロッパの重要なパートナーを集めたいという願望の実現です」と、I’Inalcoの日本学科の政治学講師であるギブール・デラモットは、RFIのインタビューを受けました。しかし、アメリカを追放することに疑問の余地はない。「同盟は疑問視されていない」とギブール・デラモットは続ける。それは日本にとって依然として基本であり、イギリスを日本に近づける要素の1つです。「」

日本、イギリス、イタリアは、他国との協力の基礎としてGCAPプログラムを設計したと述べ、米国やNATOを含む同盟国との「将来の相互運用性」に関する声明で主張している。特に、東京とワシントンは、日本の戦闘機プロジェクトを補完する可能性のある「自治システム」について共同で議論し、アジア太平洋地域で「将来の脅威に対する共同対応」を可能にする「来年の間に具体的な協力を開始する」ことに合意した、とこの声明は付け加えた。

ここ数週間、フランスのダッソーとヨーロッパのエアバスの間で、2017年に開始され、2040年までにドイツとスペインのフランスのラファールとユーロファイター戦闘機を置き換える予定の複雑なヨーロッパの戦闘機プロジェクトScafを再開する契約が締結されています。

https://www.rfi.fr/fr/économie/20221209-le-japon-le-royaume-uni-et-l-italie-vont-développer-un-avion-de-combat-de-nouvelle-génération

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 949
Enable Notifications OK No thanks