Maya Noël, CEO of France Digitale, during France Digitale Day 2021. © Anna Ellouk

マヤ・ノエルは、ヨーロッパの主要なスタートアップ組織であるFrance Digitaleの事務局長です。法人税増税を告発した「ピジョン運動」をきっかけに2012年に設立され、パリを拠点に1,800社以上のフランスのスタートアップ企業や投資家を代表する団体です。

 

マヤ・ノエルがFrance Digitaleの責任者となり、デジタル関連のスタートアップ企業に狂気の風が吹き荒れています。2021年9月には、Sorare(NFTカード専門)とMiraklの2社が、わずか2日間で10億ユーロを調達した。今日、デジタルは、2020年までに70億ユーロの売上高と50万人の直接雇用をもたらします。

この34歳のタイ系フランス人女性は、これらのスタートアップ企業を将来の欧州デジタルチャンピオンにすることを目指している。

私たちがチャンピオンについて語るときの課題は、スケールアップを図ることです。そして、具体的に私たちに足りないのは、この背後にある実行力です。新興企業が直面する最初の問題は、新しい市場を開拓して売上高を増やし、企業の経済力を高めるために、適切な人材を採用できるかどうかです」と彼女は断言します。

新しい才能を求めて

Maya Noëlは、2012年にキャリアをスタートさせて以来、デジタル分野の新しい才能を探してきました。この偶然が功を奏し、2年後にはリクルートプラットフォームのYBorderを設立しました。当時、彼女はFrance Digitaleに所属していました。

自分で会社を立ち上げようと思ってビジネススクールに通っていた」と初心を振り返ります。起業家の両親を持ち、私はかなりの意欲家です。私は、デジタル分野に行かなければならないと感じ、その分野で人材紹介会社を立ち上げていた友人のおかげで始めました。そのすべてを発見できるチャンスだと自分に言い聞かせました。同時に、採用や人事にも出会い、企業の成長にとっていかに戦略的な役割を担っているかを知りました。私はこのテーマに熱中し、それが旅の始まりとなったのです」。

スタートアップ企業の認知度向上

2019年、この企業内の多様性を高める運動家は、France Digitaleに参加します。彼女は、スタートアップ企業の採用に特化した支店を作っています。その目的は、将来の従業員を惹きつけるためにイメージを向上させることであり、特にアメリカの大手企業はヨーロッパの企業に比べてスタートアップ企業への投資額が5倍も多いという競争に直面しています。Maya Noëlは、スタートアップ企業とFrançaise des Jeux (FDJ)、Crédit Mutuel、Valéoなどの大企業とのパートナーシップを構築しています。現在、この人柄の良い女性が協会内で勢力を伸ばしています。

France Digitale社の共同社長であり、Blablacar社の創業者であるフレデリック・マゼラ氏は、「マヤの起業家としての性格と才能の問題への関心、そして明らかに2年以上にわたるFrance Digitale社での彼女のキャリアが、France Digitale社の経営全般を任せることにした理由です。彼女は冷静で、先見の明があり、忍耐力があり、また、とても共感できる人です。彼女は、すべてがうまくいくように配慮してくれるので、一緒に仕事をしたい人です。

France Digitaleがフランスやヨーロッパの技術エコシステムの重要な担い手になるためには、マヤ・ノエルには多くの課題が待ち受けています。2人の子供を育てながら、シェフだった母から受け継いだ料理への情熱を活かして、洗練された料理を作り上げるというミッション。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/aujourd-hui-l-économie-le-portrait/20211015-maya-noël-une-spécialiste-du-recrutement-à-la-tête-de-france-digitale