NATO:歴史に残るサミットの最終日

サミットは歴史的であると約束され、マドリードでのNATO加盟国会議のためのものでした。多くのトピックがすでに議論されています。スウェーデンとフィンランドの加盟は現在記録されており、NATOはまた、今後数年間、新しい戦略文書を採用しています。6月30日、同盟の最後の作業セッションがマドリッドで開催されます。

マドリッドの特使、ロマン・レマレスキエ

今週の木曜日の朝、30の加盟国が新しいワーキングセッションのために再び会合を開きます。これには最終的なコミュニケが含まれ、国家元首も午後にマドリードを離れる前にマスコミに話し、このサミットに終止符を打つ必要があります。

本当のターニングポイント

少なくとも私たちが言えるのは、このサミットはすべての約束を守るということです。トルコとNATO、スウェーデン、フィンランドの統合を希望する両国の違いはもうなく、3カ国間の合意に達し、今、トルコ大統領は統合に対する拒否権を解除した。

このサミット中の本当の共通のスレッドであるウクライナでの戦争も詳細に議論され、NATOはキエフにより多くの軍事的および財政的支援を提供することを約束しています。その後、30の加盟国は、今後数年間の同盟の政治的および戦略的野望を定義する有名な戦略的文書を採択しました。これは、ロシアが加盟国にとって最大の脅威であり、中国も初めて引用される文書です。NATOの進化の真のターニングポイント。

[当面の結果の中で]すでに東側の側面を強化し、もちろんロシアに近いものは、広大な建設現場である北から南まで強化し、非常に高い応答性を持つ反発力を設置しました。そこで、NATOは30万人の男性の非常に野心的な目標を設定しましたが、今日ではむしろ3万人から4万人の男性であり、軍事能力、つまり最も近代的な適応機器、少なくとも最も精度、最も範囲を提供する機器です。私たちは、ウクライナ、範囲内の大砲だけでなく、もちろん航空、海上部分だけでなく、宇宙でも非常に重要なサイバー防衛分野でも、それらが有効であるのを見ます。そのため、NATOのロードマップを設定しましたが、これは野心的です。2014年にウェールズサミットで設定した2%でさえ難しいようですが、GDPの2%を増やす必要があります。これは、現在の危機のために国にとって明らかに困難です。だから、彼はすべての国、特にヨーロッパ諸国のために非常に繊細な選択をするでしょう。

♦私たちは中国について心配すべきですか?

マドリッドで書かれた新しい戦略的ロードマップで、NATOは中国を初めて引用し、「価値」、「利益」、「安全保障」を表す「挑戦」を懸念している。北京は、NATOが推進する「冷戦の考え方」と言えば、それが気に入らなかった。具体的には、この言及は大西洋同盟にとって何かを変えますか?とにかく地面には何もありません。元NATO変革最高司令官のジャン=ポール・パロメロス将軍にとって、とりわけ中国の影響を振り返るための招待状です。

「NATO自体は事業の劇場に焦点を当て続け、中国が自律性に与える影響、主権、したがってNATO諸国が何らかの形で不安定になる程度について自問するようになったNATO諸国に結果をもたらし、NATO諸国の何らかの形での不安定化は同盟を弱めるリスクがあることを知っています。今日、エネルギー依存は世界の安全保障に非常に明確な影響を与えています。したがって、防衛と安全保障のグローバルビジョンでは、それについて話すことが重要です。特に、NATOに属していないが、日本やオーストラリアなどのパートナーである多くの国家元首脳も出席しているため、これは世界的な安全保障上の課題の広い円卓会議を行い、すでに脆弱なバランスを不安定化するリスクを冒して一人で前進するのではなく、協力することにも関心を持っていることを中国に理解させる機会です。それはまた、「ロシアで何をしているのかに気をつけなさい」という中国に言う方法かもしれません。

メールマガジン購読

エマニュエル・マクロンの満足度
エマニュエル・マクロンの側近では、NATOがウクライナでの戦争によって引き起こされた激動を考慮に入れたロードマップを採用していることを嬉しく思います、と私たちの特使ヴァレリー・ガスは報告しています。「現在の状況の結果を引き出さなければならなかった、ユーロ大西洋地域はもはや平和ではない」と説明されている。NATO事務総長はこれを認めた:ロシアは現在「連合国にとって最も重要な脅威」を表している。
この「姿勢」の変化はエマニュエル・マクロンによって期待された。その結果、ヨーロッパ東部の側面にある同盟軍が強化され、もちろんウクライナへの援助が強化され、サミットのメンバーにビデオ会議で発言したゼレンスキー大統領が繰り返した要求に応えます。フランスはこの動員に参加する可能性を肯定した。
エリゼでは、欧州連合とNATOの補完性がもはや議論されていないのを見て、大きな満足感もあります。承認されたフィンランドとスウェーデンの加盟は、これら2つの国がヨーロッパの安全保障への重要な「貢献者」になる可能性があるため、この方向に向かっています。
フランスの観点から見ると、このNATOサミットはウクライナへの支援と集団防衛の両方の分野で進歩することを可能にしました。

https://www.rfi.fr/fr/monde/20220630-otan-dernier-jour-d-un-sommet-qui-restera-dans-l-histoire

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 883
Enable Notifications OK No thanks