スイス、未成年者がアクセスできる場所でのタバコ広告を禁止

日曜日に行われた投票では、スイス人の57%が禁煙の取り組みに賛成と答えた。アルプスの国は、米国と並んで、WHOの禁煙条約を批准していない最後の国の一つである。

 

タバコの広告は、新聞、映画、街頭、インターネットでも禁止され、スイスで大きな影響力を持つ大手タバコ会社の新たな遊び場となる。

この日曜日の投票結果は、経済的自由に反すると感じた産業界と右派の顔に平手打ちを食らわせた、とジュネーブの特派員ジェレミー・ランシュは説明する。しかし、タバコ広告の分野ではより寛容な禁煙法を好んでいた政府にとって、これは後退でもある。特に、本社を置く世界最大のタバコ会社の非常に強いロビー活動が理由だ。

スイスは先進国の中で最も緩やかな禁煙法の一つであると常々批判されているが、こうした主張は有権者を納得させることができなかった。

これまでは、ラジオやテレビの広告、特に未成年者を対象とした広告のみが禁止されていました。一部のカントンはすでに規則を強化しており、新しい法律は2023年に施行される予定であった。しかし、禁煙団体は、若者を守るためにもっともっと決定的な行動が必要だと考え、この国民投票を開始した。左翼団体や医師会が支持する取り組み。

“個人の自由 “は滑り台の上にある

メールマガジン購読

広告禁止に反対する人たちは、このイニシアチブは行き過ぎだと考えています。社会に蔓延する衛生的な風潮を糾弾する声もある。”今日はタバコの話ですが、お酒やお肉の話もします。スイスの上院議員であるフィリップ・バウアー氏(自由・急進党)は、日曜日、スイスの公共テレビ局RTSの取材に対し、「私は、あらゆるものが規制されなければならないという政治的正しさの独裁を望む社会に住んでいることに苛立ちを覚える」と答えた。

フィリップ・モリス・インターナショナルは、ブリティッシュ・アメリカン・タバコや日本たばこ産業と同様、スイスに本社を置き、「ノー」キャンペーンに資金援助している世界最大のたばこ会社である。タバコ会社の広報担当者はAFPに対し、「個人の自由は滑りやすい坂の上にある」と述べ、成人向けの広告が引き続き許可されるよう当局に要請している。

4人に1人がタバコを吸う

賛成」の投票により、スイスは禁煙の戦列に復帰しました。同国は、米国と並んで、WHOの禁煙条約を批准していない最後の国の一つである。シリアや北朝鮮などの国家を含め、ほぼすべての国がすでに行っているように、今後は検証できるようになるはずです。

約4人に1人が喫煙しているアルプスの国は、喫煙の代償として、人口860万人に対し年間9,500人の喫煙関連死が発生しているのです。

スイスの保健大臣は、タバコ広告の禁止に関する法律が今年施行されるべきではないと説明した。電子タバコにも同じルールが適用されます。

https://www.rfi.fr/fr/europe/20220213-la-suisse-bannit-la-publicité-pour-le-tabac-partout-où-les-mineurs-ont-accès

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 881
Enable Notifications OK No thanks