会員数が低いにもかかわらず、フランスの労働組合が政治的影響力を行使する理由

フランスの労働組合員は1980年代から減少しており、現在は西ヨーロッパで最も低いものの1つです。しかし、最近の年金改革の抗議が証明したように、組合は依然として広範なストライキやデモを動員することができます。このフランスのパラドックスの背後にあるものは何ですか?

政府の年金改革に対する最近の抗議の絶頂期に、労働組合は100万人以上を街頭に出した。

そして、組合は期待どおりに「国を停止させる」ことに失敗したが、輸送を混乱させ、電力出力を削減し、燃料供給を阻止することに成功した。

労働組合を研究しているマリー・メナールによると、これはフランスの組合員が「約8%、民間部門では5%で、他の国に比べて低い」とホバリングしているにもかかわらずです。

組合員は、イタリア(34%)、英国(23%)、またはドイツ(17%)ではるかに高いです。アイスランドでは、91%と高いです。

すべての人のための交渉

フランスの労働組合が体重を超えてパンチするという事実は、「フランスのパラドックス」と呼ばれることがあります。

説明の一部は、フランスが労働者の98%をカバーする団体交渉協定を持っているということです。つまり、組合が雇用主と交渉するものは、会費を支払うかどうかにかかわらず、すべての人に適用されます。

「フランスでは、組合の重みは、メンバーの数に依存するのではなく、4年ごとに開催されるプロの選挙でどれだけうまくやっているかにかかっている」とメナールは説明する。

組合員など、どの従業員でも参加できます。

「組合が10%以上の票を獲得したとき、彼らは労働者を代表することができます…会社、支店、国家レベルで」と彼女は言います。

資金調達ストライキ行動

フランスの労働組合は国家資金の一部を受け取り、政党との歴史的なつながりがありますが、例えば、強硬派のCGTは以前は共産党に近かったが、現在は政治的に独立している。

「CGTは歴史的な組合であり、フランスの労働組合主義が何であるかを定義する上で非常に重要でした」とメナールは言います。

歴史的な1906年の投票で、CGTは政党からの組合運動の分離を宣言した。

「さらに、これらの大会の間、CGTは雇用主と戦い、戦うための最良の手段はストライキであると決定しました」とメナールは続けます。

フランスの生活費危機を考えると、労働組合は失われた賃金を補償することでストライキ行動を促進しなければならなかった。

労働組合資金の専門家である社会学者のガブリエル・ローゼナムは、8つの労働組合連盟のそれぞれが異なって機能し、組合の会費によるものもあれば、ストライキ中の徴収によるものもあると述べた。

「最近、初日からストライカーに返済するための特別資金が創設され、資金が不足している人々の間でストライキが広がるようにし、1日もできなかった」と彼はSud Radioとのインタビューで語った。

また、オンライン募金やTシャツ、バッジなどの販売を通じて資金が調達されました。

「CFDTの場合、ストライキ基金の恩恵を受けるにはメンバーである必要がありますが、CGTには、メンバーかどうかにかかわらず、およびあらゆる専門部門からすべてのストライカーを補償する方針があります」とローゼナムは言いました。

これは、製油所や焼却炉プラントの外のピケットラインを維持するのに役立ちました。

Ménardは、民間部門の従業員や一部の公共部門の労働者もストライキ資金に貢献したと指摘しています。

「多くの人がいつものように働くことを決めたが、連帯のジェスチャーとして資金を打つために給料を与える」と彼女は言う。「彼らは「私はストライキはできないし、とにかくエネルギー部門の人々はマネージャーとしての私よりも大きな影響を与えるだろう」と自分に言いた。

年金改革、負けた戦い

全国的な抗議とストライキ行動にもかかわらず、組合は年金改革を止めることができなかった。それは投票なしで議会を通過し、4月15日に法律に署名されました。

「組合はエネルギーや輸送などのいくつかの分野で非常に強いですが、一部のサービス、特に新しい形態の仕事ではそうではありません」とメナールは言います。

リモートワークの成長により、公共交通機関のストライキの影響も減少しました。

一部の組合員は政府に最大限の圧力をかけるためにゼネラルストライキを推し進めたが、現在フランス最大の組合である改革派のCFDTは賛成しなかった。

「それは限界を示しました – 彼らは大きな影響を与えることができますが、彼らはまだ改革との戦いに勝つための地方レベルでの組織化能力を持っていません」とメナールは言います。

団結の強さ

深く分断されたフランスの8つの組合連合は、近年多くの国民の支持を失っている。

しかし、年金改革に反対するために連合(インターサンジカレ)を形成するために団結することで、彼らは国民を動員し、いくらかの信頼性を取り戻すことに成功しました。

「フランス人は、労働組合を区別するものと、それらが分裂している理由を理解していない」と、労働組合の専門家である政治学者ドミニク・アンドルファットは言った。

「今回、組織は堅実な組合を構築することができた」と彼は20ミニッツに語った。

「運動が首尾一貫して統一されていたという事実は、多くの人々を街頭に引き付けました。そして、政治的反対派が行き詰まっているため、組合はさらに人々を結びつけることに成功しました。」

組合の指導者たちは、2023年1月19日の全国的なストライキと抗議の日の一環として、パリでフランス政府の年金改革計画に反対するデモ中に並んで行進します。© ロイター - ベノワ・テシエ
組合の指導者たちは、2023年1月19日の全国的なストライキと抗議の日の一環として、パリでフランス政府の年金改革計画に反対するデモ中に並んで行進します。© ロイター – ベノワ・テシエ

伝統的なメーデーの集会では、組合も統一戦線を結んだ。

「それはユニークで、通常、彼らは離れて行進します」と、労働組合に関する本の著者であるStéphanie Matteudi-Lecocqは言います。

しかし、各組織には独自のルールブックがあるため、企業内で法律が適用されると、「連合は必ずしも同じように考えるとは限らない」と彼女はRFIに語った。

組合間グループは、インフレや購買力など、年金以外のテーマで統一されたままでいる可能性があります。

「この団結がどのように保持され、労働組合主義が灰から生まれ変わり、長年にわたって受けた批判に対抗できるかどうかを見るのは興味深いだろう」とMatteudi-Lecocqは言う。「地域の世話をする新しい、やる気のある労働組合主義を示すこと。

それが年金改革との戦いから維持すべき重要なことです。

最近の上昇

CGTとCFDTは、抗議活動が始まって以来、会員数が増加しており、それぞれ約10,000人の新しいメンバーがいます。

政治学者のアンドルファットは、それを「従業員を取り戻すための第一歩」と表現した。

しかし、各組合には約60万人のメンバーがいないことを考えると、彼は「本当に曲線を変えるにはさらに数万人」が必要だと述べた。

そして、彼らはまだ組合を疑い、メナールが「多くの人に組合破壊戦術として見られた」と言ったことで交渉を長い間拒否したエマニュエル・マクロン大統領に勝たなければならない。

年金改革のハードルを乗り越えた政府は、来週の交渉のテーブルに組合を招待しました。

強硬派のCGTを含め、彼らはすべて受け入れたが、リーダーのソフィー・ビネは「年金改革が撤回されない限り、正常に戻ることはないだろう」と警告した。

全国的な抗議活動の14日目が6月6日に発表された。

「給与の増加、週労働時間の減少、労働条件の改善、男女平等と環境」を守るための戦いは続いている、とビネは言った。

https://www.rfi.fr/en/france/20230511-why-french-trade-unions-wield-political-clout-despite-low-membership

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1749
Enable Notifications OK No thanks