クーデター、コロナ、イスラエル…。第35回AUサミットに向けた多忙なプログラム

5月5日(土)に同組織の本部で開幕します。3ヶ月前、いくつかの大使館は、ティグライの反政府勢力がエチオピアの首都を占拠することを恐れ、自国民にエチオピアを離れるよう呼びかけた。しかし、ここ数日、アフリカの代表団がサミットのために現地に集まってきている。

アジスアベバの特派員、フローレンス・モリスと。

もちろん、最近大陸で頻発しているクーデターも議題に上がるだろう。前回のサミット以降、ギニア、マリ、ブルキナファソ、スーダンの4カ国がアフリカ連合から加盟を停止された。一方、チャドは、デビ前大統領の死後、その息子が率いる軍事評議会が同国を統治しているにもかかわらず、免除されている。このため、反憲法的な移行に対するAUの「一貫性のない」対応に対する批判もある。

そのため、今回の第35回サミットでは、政治的危機の管理が議論の中心になる。Open Society Initiative for West Africaで地域組織を専門とするPape Ibrahima Kane氏にとって、このサミットは各国首脳が物事を整理する機会となる。「サヘルでは、2種類の問題があります。第一は、悪政に起因することが多いクーデターの問題である。そして、西アフリカのテロと戦う国家を支援するための海外からの介入もある。フランス、ロシア、そしてトルコの後方支援合戦という新たな次元に突入している。このサミットは、サヘルが外国勢の戦場にならないよう、各国がそのエッジを滑らかにし、おそらく採用する戦略について合意するのに役立つと思います。

コンゴ共和国大統領府の目録

また、Covid-19のパンデミックに対するアフリカの対応についても議論する予定です。南アフリカ共和国のシリル・ラマフォサ前大統領が報告します。

しかし、最も議論が白熱するのは、間違いなくイスラエルである。昨年7月、委員会の会長がユダヤ国家にオブザーバー資格を与えたことで、組織内に強い批判と分裂を引き起こした。そのため、現在進行中のさまざまな紛争に加え、このテーマが議題となっています。

多忙な日程のため、ティグライの戦争がやや影を潜めるのではないかと危惧する声もある。いずれにせよ、紛争とパンデミックのさなかにこのサミットを開催したことは、エチオピアのアビイ・アーメド首相が仲間を説得する努力を惜しまなかったことで、すでに政治的な勝利を収めたといえる。

メールマガジン購読

サミット終了後、セネガルのマッキー・サル大統領が来年度のAUの舵取りをする予定です。Félix Tshisekediの大統領職はこれで終わりです。そのため、今こそ棚卸しをする時です。パペ・イブラヒマ・ケインは、「コンゴ民主共和国が数年間、アフリカの政治情勢から長期にわたって姿を消していたことと、周囲のチームの経験不足のため、南アフリカ大統領(前任者のシリル・ラマフォサ、編集部注)がより優れたスタッフ、物流、人的資源を用いて行ってきたことに比べ、彼は本当に重責を果たすことができず、したがって私の考えでは彼の成果はむしろ混迷しています」と考えている。エチオピアの危機に終止符を打つこともできず、サヘルでは事実上、姿を消すことになった。そして、スーダン危機では、彼の姿をほとんど見ることができなかった。

https://www.rfi.fr/fr/afrique/20220205-coups-d-états-covid-israël-un-programme-chargé-pour-le-35e-sommet-de-l-ua

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks