アイスランド、2024年から捕鯨を廃止へ

アイスランドは、論争の的になっている捕鯨をまだ行っている数少ない国の一つではなくなりつつある。2年以内に銛は永久に片付けられ、鯨に近づけるのは島に集まる観光船だけとなるはずだ。

レイキャビックの特派員、ジェレミー・リシャールと。

この3年間、アイスランド人のホエールハンターは北大西洋に出航していない。”最も単純な説明は、狩猟に伴う多額の金銭的損失である “と、農水省の大臣が地元の主要新聞の記事に書いている。

ミンククジラ、ナガスクジラともに2023年まで毎年400頭以上の捕獲枠が設定されているにもかかわらず、過去3夏で銛を刺された海生哺乳類はわずか1頭です。

採算が合わないため、2年前にライセンス保有会社2社のうち1社が銛を永久に退役させた。もう1つは、まだ正式に操業しているが、肉の市場がないため、2隻の船がレイキャビク港に係留されたままである。唯一の市場である日本も、実は2019年から狩猟を再開しています。

国への悪影響

海洋生物学者は、捕獲が許可された範囲内であれば、科学的見地から捕鯨が資源に害を与えることはないと言っている。

しかし、大臣は、この慣習は賛否両論あり、アイスランドに悪影響を及ぼすと指摘している。その影響をより正確に把握するため、今年度中に調査を実施する予定です。

メールマガジン購読

 

https://www.rfi.fr/fr/europe/20220205-l-islande-compte-cesser-la-chasse-à-la-baleine-à-partir-de-2024

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks