新型コロナ、米国で100万人の死者を出す

これは、この恐ろしいマイルストーンを突破した最初の国ですが、専門家は、本当の犠牲者はもっと多いだろうと警告しています。健康被害を振り返る。

100万人以上が死んだとホワイトハウスは言っている。研究者によると、この推定値はおそらく過小評価であるとのことです。特にワシントンでは、パンデミックによる死者が世界で最も多いこの国で、オミクロン亜種の影響か、感染率が新たに上昇しているため、アメリカ当局がピンチを迎えているのである。米国の主要な保健機関によると、3月には1日25,000件と少なかったが、現在は7日平均で約78,000件の患者が発生しているという。

ジョー・バイデン米国大統領は声明で、「このパンデミックに直面しても警戒を怠らず、これまで以上に多くの検査、ワクチン、治療を行ってきたように、一人でも多くの命を救うために全力を尽くさなければならない」と述べています。

全国で100万人以上が死亡したコロナウイルスは、アメリカ人の約330人に1人が死亡しており、先進国の中では最も死亡率の高い国の一つです(イギリスでは約379人に1人、フランスでは約455人に1人)。アメリカの若者に対するパンデミックの「深刻な影響」を強調する調査によると、全国で203,000人以上の子どもたちが親やその他の人を亡くしているそうです。

オミクロンの波の最盛期には1日平均80万件以上、現在では8200万件以上となっています。この数字も、特に流行初期に検査が行われなかったことや、当局に体系的に報告されていない自己検査の成功などを考慮すると、おそらく過小評価されていると思われます。

ニューヨーク、ファーストウェーブの震源地

いつもは平日に混雑しているニューヨークの有名なタイムズスクエアは、2020年3月23日(月)にはほとんど人がいなくなっています。AP – Mark Lennihan

アメリカ西海岸が最初に被害を受けましたが、その後、東海岸に位置する文化の中心地であり、世界のハブであるニューヨークが、ウイルスの影響を完全に受けました。眠らない街」だったビッグ・アップルは、死者が冷凍トラックに積まれ、街は閑散とした「死の街」となってしまった。富裕層は都市を離れ、恵まれない人々は都市に閉じこもった。

タイムズスクエアでは、不吉なカウンター「トランプ・デス・クロック」がドナルド・トランプ大統領に起因する「彼の不作為による」死亡者数を集計しており、その制作者ユージン・ジャレッキは、アメリカ政府が社会的距離を置くルールをもっと早く公布していれば、コビッド19に関連する死亡者の60%は避けられたはずだと説明する。

トラウマを抱えたままの巨大都市では、これまでに4万人以上のCovid-19の死者が出ており、そのほとんどが2020年春の第一波で発生したものである。

ワクチンをめぐる競争

反応の遅さや、当初は来るべき災害の規模を最小化したことが批判されたが、その後、ドナルド・トランプ前大統領は「ワープスピード」構想を打ち出してワクチン開発に貢献した。

この作戦は、ワクチン研究に何十億ドルもの公的資金を投入し、製薬会社がコストのかかる臨床試験を行えるようにするものだ。その結果、中国での最初の症例が公表されてから1年も経たない2020年12月中旬に、最初のワクチンであるファイザー・バイオテック社とモデルナ社のワクチンが米国の医薬品庁から急遽認可された。

マスクの着用で分かれる国

2021年5月19日(水)より、ニューヨーク州全域で完全予防接種者のマスク着用が義務付けられなくなりました。AP – フランクリンII

最近、マスクとワクチンほど、米国を二分する社会問題はない。物理的な距離、マスクや注射を擁護する進歩的な人々と、当局の侵入を拒絶する個人の自由を守る激しい人々の間で、マスクだけを逆につけたドナルド・トランプと予防接種のチャンピオン、ジョー・バイデンの戦いが国家のトップまで繰り広げられたのである。

学校、飛行機、企業など、マスク問題は数多くの紛争を引き起こし、時には銃声で解決されることもある。最新の動き:ドナルド・トランプが任命したフロリダ州の判事が4月に公共交通機関でのマスク着用義務を解除し、連邦政府はこの決定を不服としている。マスクの義務化を解除した国は、今は室内での着用しか勧めていない。

https://www.rfi.fr/fr/amériques/20220512-covid-19-le-seuil-du-million-de-morts-franchi-aux-etats-unis