大阪のビルで火災、刑事捜査が有力

大阪市中心部の小型商業施設で火災が発生し、24人が死亡した。日本第二の都市の関係者によると、警察は捜査を開始し、30分後に鎮火したこの火災は犯罪によるものだと疑っている。

東京の特派員、フレデリック・チャールズと。

テレビ局は、精神科のクリニックがある大阪の小さなビルの4階の窓から煙が出ている様子を映し出した。

開店直後の現地時間午前10時頃、一人の老人が建物に入ってきた。読売新聞によると、診療所のフロアにたどり着いたとき、袋から可燃性の液体を出してしまい、火事になったそうです。別の新聞によると、彼はうつ病、不安神経症、パニック障害を専門とするクリニックの患者であったとのことです。警察はクリニックに火をつけた疑いのある人物を探しています。

“外を見ると、ビルの4階の窓から炎が見えた。目撃者は共同通信に「6階の窓から女性が手を挙げて助けを求めていた」と語った。

大阪市消防局の広報担当者によると、数人が心肺停止状態になっているという。日本では、医師によって正式に確認されていない死亡を指す言葉として使われています。

狭い建物の中には、事務所や美容院、英会話学校などが入っており、平均床面積は30平方メートルだった。大阪の中心部の歓楽街に位置し、高速鉄道の駅にも近い。

メールマガジン購読

 

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20211217-japon-incendie-meurtrier-dans-un-immeuble-d-osaka-la-piste-criminelle-privilégiée

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 823
Enable Notifications OK No thanks