Covid-19は、欧州における現金の消失を加速させる

中央銀行を介さずに発行されるデジタル通貨「暗号通貨」が空前のブームとなっています。WhatsAppアプリケーションは、米国で暗号通貨の支払いを開始しました。ヨーロッパで、ビットコインが王様になっている国があります。

それはウクライナです。この国は大陸で最も貧しい経済国のひとつですが、若いコンピュータエンジニアや新興企業の経営者など、影響力のある新しいクラスがビットコインや暗号通貨の取引を増やしており、最近ではニューヨークタイムズ紙がキエフを「世界の暗号資本」と呼んだほどです。ステファン・シオハン特派員がキエフで取材しました。

Antoine Mouteauオランダは、現金での支払いが難しくなっている国のひとつです。オランダ人の2人に1人以上が銀行カードで買い物をしています。これは6年前(2015年)は逆でした。健康危機は、紙幣や硬貨による支払いの事実上の消滅を加速させており、中央銀行自身も憂慮しているほどです。

Marielle Vitureauリトアニアでは、銀行カードで買い物をするだけではなく、バルト海の小国であるリトアニアの生徒たちにも電子マネーで食堂の支払いをしてほしいと中央銀行が考えている。4年後には、学校の食堂の80%に決済端末を設置する。今のところ、学校の食堂部門はあまり積極的ではありません。学校給食でカード払いができるようになったのは、14年前(2007年)にJana Kavaliauskiene氏の会社が導入したものですが。

Florence Labruyère(ブダペスト)ハンガリーでは、インクルーシブな子供向けの本が、与党右派のスキャンダルを巻き起こしてベストセラーになりました。”The Land of Tales for All “は、ハンガリーのレズビアン協会が再訪した伝統的なおとぎ話のコレクションです。1年前(2020年)に出版されて以来、魅力的な王子が別の王子と結婚するこの本は、極右や与党をスキャンダルに巻き込みました。Viktor Orban首相は、このような本から「子どもを守る」ための法律を制定しました。この文章は逆効果でした。本屋さんがある種のリスクを負って販売しても、この本はハンガリーで本当のベストセラーになっています。