フランスプレスレビュー 2022-09-04

ニース襲撃事件

Le Parisien Dimancheによれば、「殺戮」である。2016年7月14日、夕方、ニース(フランス南東部)のプロムナード・デ・ザングレ(Promenade des Anglais)。トラックが群衆に突っ込む。男、女、子供、フランス人、外国人。レンタルした19トントラックを操るテロリストは、何も語らない。7月14日の花火大会が終わろうとする頃、彼は床に足をつけ、混雑した海辺をジグザグに歩きながら、人命を削った。

それから6年、明日から始まるのは「テロリストの蛮行を裁く裁判」だと、ルモンド紙の見出しは言う。箱の中には、トラックの運転手であるチュニジアのスース地方出身のモハメド・ラホアイエジ・ブーレル(31歳)が不在となる。そして、その理由は、2キロの走行の最後に警察に射殺されたからである。判決は12月中旬に出される予定です。現在6人の男性、1人の逃亡者、1人の女性の計8人の被告が裁判にかけられます。

Le Parisien Dimancheで、市民団体の弁護士であるNicolas Gemsaは、「主犯格がおらず、第二ナイフしかないという事実は、この裁判の非常に重要な刑事的、人間的利害関係を損なうものではない」と強調しました。歴史に残るトライアル。

マッキンゼー、万年外科医

フランスでは、コンサルティング会社のマッキンゼーが2カ月も前に国家と新たな契約を結んだ。しかし、この米国企業は、「加重税金詐欺ロンダリング」の容疑で国家財務検察庁(PNF)の捜査を受けている。L’Obsによると、マッキンゼーは「7月に公的機関であるUGAPから大規模な戦略コンサルティングの契約を受注した」という。週刊誌は「天文学的な契約額」と指摘する。総額3億7500万ユーロのうち、戦略コンサルティングだけで7500万円の請求となり、2019年の前回契約の1200万円と比較すると、その差は歴然としています。1月には前首相のジャン・カステックス氏が、数週間前には新大臣のスタニス・ゲリーニ氏が、コンサルティング費用を15%削減すると公言していたのに、500%以上も増加したのだ…」。

その結果、L’Obsは、財務省が「一方では企業を調査し、他方ではその企業と共に大きな公共事業を進めている…控えめに言っても、恥ずかしい状況だ」と強調している。

ジョルジア・メローニ、右のパショナリア、全部です!

イタリアの総選挙まであと3週間。世論調査では、強硬派がリードしている。それもそのはず、そのトップはジョルジア・メローニという女性なのだ。週刊誌『Le Point』に掲載された政党「フラテリ・デ・イタリア(イタリアの兄弟)」の会長の肖像画。女性、母親、キリスト教徒」と自らを表現する45歳のジョルジア・メローニは、「大当たり」を引くのだろうか、とル・ポワンは問いかける。 世論調査でトップを走る「イタリアの兄弟」は、9月25日に「ベルパゼの主要政治勢力となり、シルヴィオ・ベルルスコーニとマッテオ・サルヴィーニの連盟と並ぶ右派連合の先頭に立つ」と、本紙は警告している。

メールマガジン購読

アトム、リターン

最後に、ウクライナ戦争とその逆説的で非常に有益な結果は、復活しつつある重要なエネルギー部門、民生用原子力発電に影響を与える。危機の震源地」であるヨーロッパは、ロシアの化石燃料への「致命的な」依存に直面していると、L’Expressは強調している。”この冬の電力不足のリスクに対して、ベルギーとドイツの政府は、当初予定していた原子炉の閉鎖を再考している。前者は原子炉からの撤退を10年先延ばしにしている。過去10年間、欧州レベルでの反原発闘争の先駆けであるベルリンでは、最後の3基を稼働させ、2021年に閉鎖される3基を再稼働させることはもはやタブーではなくなったのです。

石炭への依存を減らすために2035年までに135基の原子炉を建設すると約束した」中国を目の当たりにしてください。10年以内に生産量を2倍にしたいインドをはじめ、フランス(6基計画)、イギリス(8基計画)も外せない」と本誌は強調する。L’Expressが言うように、「原子の復讐」である。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/revue-de-presse-française/20220904-à-la-une-l-attentat-de-nice-aux-assises

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks