公衆浴場は20年ぶりにパリ郊外に戻る

冗長と見なされると、公衆浴場はパリ周辺の郊外に戻っています。最後の浴場が閉鎖されてから20年後、サン=ドニの北部郊外は、誰でも無料で洗える新しい市営シャワーをオープンしました。

RFIのアラム・ムベンゲ|ジェシカ・フェラン

「bains-douches」と宣伝する看板は、屋内配管が標準になる前の数日間に公衆浴場がダースで出現したパリの路上でおなじみの光景です。

しかし、最近では、その看板は、機能する洗面所よりも美術学校や文化センターをマークする可能性が高い。

パリではまだ17の浴場しか営業していませんが、フランスの首都を囲むthebanlieuesでは、最後のそのような施設は数年前に閉鎖されました。

現在、パリの北郊外にある広大な郊外のサン=ドニは、トレンドを逆転させています。この地域は最近、2004年以来初めて市営浴場を再開した。

それは地元の活動家が緊急のニーズだと言うことに対応して、そのうちのいくつかは予期せぬものです。

15分間のプライバシー

「バスルームでは、洗面器、ヘアドライヤー、鏡はすべて共有されていますが、他のすべてはプライベートです」と、プロジェクトに関与する地元の慈善団体であるHôtel Social 93の社会支援ディレクター、Ilaria Ben Amorは説明します。

「身体の不自由な人がアクセスできるものを含む12のシャワーキュービクルがあります。すべてのキュービクルは同じように見えます。入るとすぐに荷物を置く場所があり、シャワーエリアが後ろにあります。午前8時から午後12時の間に、15分から20分間、キュービクルを独り占めすることができます。

11月から一般公開されている新しい浴場は、フランスの国立競技場と2024年のパリオリンピックの準備の一環として再開発のために選ばれた周辺地区の1つであるラ・プレインのホームレスシェルターに隣接しています。

近年、何百人もの人々(ほとんどが移民)がスタジアムのそばの高速道路橋の下にキャンプを設置したため、公共の洗面所の修復の推進が加速しました。

当局は一時的な水道管を設置することに同意したが、2020年11月にキャンプを分散させたときに水栓を取り出した。

それ以来、地元の慈善団体や権利団体は、恒久的な施設を求めており、水へのアクセスは基本的人権であると主張しています。

「人々の気分を良くする」

「ここのチームは素敵です」と、風通しの良い白いバスルームを4回目に使用している29歳のサリムは言います。私は遅れてここに着きましたが、それでも彼らは私を中に入れて洗濯させてくれました。

今日、彼は友人のジュリアン(25歳)と一緒に到着します。男性は2人ともホームレスです。

「シャワーを浴びたのは気持ちがいい」とジュリアンは言う。「それは人々の気分を良くするのに役立ちます、それは良いことです。そうすれば、公共交通機関で悪臭を放つ人がいないようにします。

新しい浴場には、12のシャワー室、トイレ、洗面台、ヘアドライヤーがあります。© ville-saint-denis.fr
新しい浴場には、12のシャワー室、トイレ、洗面台、ヘアドライヤーがあります。© ville-saint-denis.fr

しかし、その施設を利用すると予想されるのは、乱暴に眠っている人だけではありません。

「明らかにホームレスの人々は、避難所を除いて、毎日シャワーを浴びる場所がないので、あなたがそれらを使用することを最初に期待しています」と、社会サービスを担当するサン=ドニの副市長、オリアン・フィルホルは言います。

しかし、貧しい住宅に住んでいる人々もいます。元使用人の部屋、小さな場所、必ずしも毎日シャワーを浴びるとは限りません。

国家統計局Inseeの2020年のデータによると、フランスの一次住宅の0.5%だけがバスやシャワーを持っていない。

しかし、パリの他の郊外とともにフランス本土で最も貧しい部門を形成しているサン=ドニでは、この数字は8.9%に上昇し、適切な場所のない数千の家を表しています。

水の貧困

その種のほとんどの施設と同様に、サン・ドニ浴場はユーザーの名前や詳細を収集しません。

しかし、2019年の調査では、パリの公共シャワーを使用する人々のスナップショットが提供されています。調査対象の1000人以上のうち、路上で生活していると答えたのはわずか35%だった。

半分以上(58%)は、自分の家に住んでいたか(33%)、他の誰か(17%)と一緒に滞在したか、避難所やホテル(8%)に泊まっていたかにかかわらず、宿泊施設を持っていました。

しかし、収容されているかどうかにかかわらず、すべての回答者の67%は、通常住んでいる場所でシャワーを浴びていないと報告しました。

「私たちは、改装されておらず、施設が悪い状態にある本当に古い宿泊施設に住んでいる学生、またはおそらく高齢者について話しています」とフィルホルは言います。バスハウスも彼らのためです。

逸話的な証拠は、エネルギーコストが上昇するにつれて、さらに多くの人々が彼らに目を向けている可能性があることを示唆している。

「家で水を使いたくない人が増えている」と、パリ北東部のある浴場のマネージャーは昨年2月にRMCラジオに語った。少なくとも週に一度は誰かがそれについて話しているが、その前には出てこなかった。

今年2月1日に電気料金が再び上昇する予定で、2年間で4回目となる無料の温水シャワーはこれまで以上に価値のある商品になる可能性があります。

https://www.rfi.fr/en/france/20240129-public-bathhouses-return-to-paris-suburbs-for-first-time-in-20-years

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1742
Enable Notifications OK No thanks