フランスプレスレビュー 2022-09-07

悪い冗談、バズってメシウマ…。

「パリ・サンジェルマンのクリストフ・ガルティエ監督は、ある種のメディアの緊急性に直面し、昨晩、気候に関する彼のコメントによって前日に巻き起こった論争を鎮めようとした、とルモンド紙は記している。チャンピオンズリーグのユベントス戦の後、パリのコーチは自分の犯した過ちを認めた。

「信じてください、私は気候や地球の問題を心配していますし、私たちの責任もわかっています(…)私たちは仲間はずれではなく、とても明晰な人間です。」

そこで思い出されるのは、「一昨日の月曜日、クリストフ・ガルティエとパリのストライカー、キリアン・ムバッペが、チームによるナントへの移動後、自家用機よりも環境に優しい列車を使う可能性について記者会見で質問されていた」ことだ、とLe Mondeは続けている。「今朝、移動に使っている会社に、浮き輪で移動できないか相談したんだ」と、皮肉にもキリアン・エムバペが笑った直後に、クリストフ・ガルティエが答えた。

この動画はすぐに拡散し、あらゆるソーシャルネットワークで取り上げられ、3度の熱波と度重なる火災に見舞われた夏の後、メディアと政治的な竜巻に火をつけた。

断線…

「しかし、何度でも話すべきだ」とLes Dernières Nouvelles d’Alsaceはコメントしています。”その場限りの極論 “を捨て、問題の本質に迫ること。クリストフ・ガルティエの軽蔑を帯びた皮肉やキリアン・ムバッペの卑猥な笑いは、偶然でも逸話でもないのだから。アルザスの日刊紙は、スポーツ界をはるかに超えた、一部の人々の断絶の度合いを示している、と述べている。地球上の10%の富裕層が全炭素排出量の半分を占めているのだから、最貧困層が主に負担している努力に貢献することを奨励するのは、まったく不合理とは言えないと思う。

750トンのCO2を削減!

フランスで最も人気のあるサッカー選手とそのコーチが、アウェイゲームに飛行機ではなく列車を使うというアイデアを鼻で笑っている姿を見て、フランス中に嫌悪感が広がった」と『リベラシオン』誌は報じている。イメージ的にはひどいシークエンスです。”

メールマガジン購読

しかし、Libération誌は、「これは健全な極論であり、エコロジーへの移行を加速させることができる」と続ける。そして、同紙は「PSGのようなサッカークラブが二酸化炭素排出量を削減するためのさまざまな方法」を紹介しています。

リベラシオンは、「PSGが1シーズン19回のリーグ1のうち、遠方のニースやトゥールーズ、バスで行ける近場のオセールやトロワを除く12回を列車で行った場合、約750トンのCO2を削減することができる」と計算しました。フランス国内への電車移動が困難なアジャクシオを除く、リーグ1の19クラブが努力すれば、環境面でも大きな効果が期待できるだろう。

Kylianさん、ありがとうございます。

最後に、La Charente Libreは、「この外出が引き起こした騒動は、誰もが自分の必要性に応じてではなく、自分の手段に応じて旅行していることを示している」と分析しています。ジェットはあくまで超富裕層の車(…)。電車はまだ制約のある移動手段というイメージがあります。その費用、その時刻表、そのネットワークの状態が、いまだに苦労の代名詞になりすぎているからだ。また、このような現実を、富裕層やそれ以外の人々の生活様式になるように変革していく必要があるのです。そのためには、個人の行動を変えるだけでは不十分だと、ラ・シャラント・リーブルは指摘する。PSGの記者会見は、エマニュエル・マクロン大統領の「暖房を弱くしてください」という記者会見と同時に行われたのです。ジェット機の税率が1ヘクトリットルあたり39ユーロであるのに対し、自動車のそれは68ユーロであることを考えると、なんとも対照的である。私たちの未来にとって重要な問題を提起してくれた国民的スターに感謝しなければなりません。たとえそれが、重い気持ちで、よろこびながら笑ったとしても。」

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/revue-de-presse-française/20220907-à-la-une-mauvaise-blague-buzz-et-mea-culpa

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks