Covid-19プロトコルに反対する街頭での国民教育

フランス全土の国民教育制度でストライキ。彼らは、学校、大学、高校でのCovid-19危機の管理に対する不満を、新学期の混乱の後に示しているのです。1月13日(木)、全国でデモが行われました。

マルセイユでは、警察によると2,200人の行列が午前中に行進したそうです。参加者は、健康危機が始まって以来、悪化する教育条件への不満を表明したかったのです。

ナタリーはフォカイアの街で教師をしています。彼女は、常に変化するヘルスプロトコルを適用しなければならないことにうんざりしているのです。これでは学校の生活が成り立たない」と、現地で取材したYoram Melloul記者は説明する。

時刻表がずれている。食堂の時間が何時なのか、何時でないのか、もはやわからない親もいる。到着してからテストを受けさせたが、食堂に行くには遅すぎたという親もいるのだ。だから、親は何度も行き来して、実はカオスなんです。これに直面して、私たちは完全に侮辱されている大臣がいる、前日に健康プロトコルを送ってきたり、報道で…。

あちこちで、ジャン=ミシェル・ブランケール国民教育大臣の辞任を求める声が上がっている。行列の中で、教育関係者は、健康危機が始まってからさらに顕著になった資源の不足を糾弾しました。

ナイマは、市の北部にある高校で教鞭をとっている。「マスクもなく、アルコールもなく、テーブルを拭くものもなく、ウイルスをもらってしまう欠席者が多い」と糾弾する。

母親でもある彼女が、すべての戦線で戦うことは不可能である。私の娘は、毎日クラスでCovidのケースを宣言しています」とナイマは説明する。まあ、1週間は付けなかったんですけどね。仕事もあるし、一人で育てているし、検査室に行って3つの検査をしなければならないし、何もする時間がない。時間がない、どうしよう。どうにもこうにも、疲れました。

せめて、FFP2マスクの配布と、ハイドロアルコールジェルの全教室への配備を希望されています。

「いつまで持ちこたえられるか?」

数千人の教師が、木曜日にフランスの他の場所でも、健康プロトコルのワルツに反対してデモ行進を行いました。内務省によると、パリでの8,200人を含む77,500人の教師などの国家教育関係者が街頭に立っていたそうです。同省によると、国内では136件のアクションがあった。

国民教育省によると、学校ではほぼ38.5%の教師がストライキを行っている。小学校の代表的な組合であるSNUippは、75%のストライキを発表した。組合によると、2校に1校の割合で小学校が閉鎖されたままだ。中等学校では、同省によると23.7%、中等学校の主要組合であるSnes-FSUでは62%である。父母の会もこの運動を支援した。

Agence France-Presseは、セブランのREPで、セーヌ=サン=ドニの中学校教師、ユナさん(30歳)に話を聞いた。

「ちゃんとした指導ができないんです」と、彼女は認める。誰に教えるかわからない。半分の生徒を欠席させ、欠席した生徒はインターネットに接続されていない電話機で、遠隔操作でプログラムを進めなければならず、平等とは言えません。

「93(歳)で教えるのは楽しいし、生徒にも愛着があるが、この2年間はとても疲れている」。私は自問する。「いつまで続けることができるのか?」

パリでは、RFIフランス支局のルーシー・ブートルップが、「Covid-19」の現状に嫌気がさしたという教師見習いのジョナサンと出会った。

私はこの職業に就いたばかりですが、国の教育制度の中で、この仕事に対して少し理想を抱いていたかもしれないと気づきました

パリの小学校の校長であるナタリーは、その場で私たちの記者に、もう壊れそうだと言った。「ここ数ヶ月、クリスマス休暇が始まってから、私はもう校長としての仕事、チームや生徒たちとの仕事ではなく、学校にクラスターがあり、私たちも生徒も全く守られていない状況で、テストの検証者をしているということがより強烈になっています。」

「親も生徒も……」と、みんな大喜びだ。危機が始まって以来、ことあるごとに侮蔑的な態度を示してきた大臣と、このすべてを封じ込めるために時間を費やしているのです。過去5年間、特に健康危機とその対応で破壊されたものを少しでも再建するために、今、真の緊急計画が必要なのです。この危機は、学校のあらゆる欠点を浮き彫りにしています。

「現場から切り離された人々」

ピュイ・ド・ドーム県のシャテルドンにある3学級の学校の校長、ヴァネッサ・コグネさん(42)は、「健康危機が始まってから30番目のプロトコルだ。」とAFPの取材に応じた。

「私たちはとても順応性が高く、同僚はとても良心的です。でも、学年が始まってからハイドロアルコールジェルが全校で1本、布マスクが数枚しかないんです」と先生は付け加えました。「いつも報道から情報を得ている。」説明書は夜の11時に届くので、「届きました!」と言えます。プロトコルは、現場と切り離された人たちが作っているのです。

最後に、パリに戻って、パリ14区にあるリセ・ポール・ベールの体育・スポーツ教師、エロディ・ジョンケさん(34)が、自分の状況を詳しく説明してくれる。

体育の場合は、ルールがどんどん変わっていくので、耐えられないんです。プールに行ったと思ったら、次は行かなくなる。児童生徒にはわかりにくい。スポーツは子どもたちにとって、特にこの大変な時期にとても重要です。それに、顔にマスクをつけてスポーツをするのは大変なことです。かわいそうなことが2年間も続いているのです。

「政府は何でもする」

政治の分野でも、攻撃はよくあることです。ジャン=リュック・メランションは木曜日、ジャン=ミッシェル・ブランカーを遠慮なく攻撃した。「彼は学校を半分壊してしまったが、何とか皆を納得させることができた、これは悪いことではない」と述べた。そんなバカが役に立つのです。パリのデモ行進に参加した候補者は、「私たちは、”good-for-nothing “にチャンスを与えなければならない」と述べた。

アンヌ・イダルゴも、過去5年間の政策によって「学校は大きなダメージを受けた」と言い、ファビアン・ルーセルとクリスティアン・タウビラもパリのデモに参加した。「信頼回復のために」大臣の交代を求めるヤニック・ジャドーは、グルノーブルでデモ行進を行った。

右翼も負けてはいません。この運動は、この大臣とこの政府に向けられたものであり、LRの副代表Damien Abadは、「健康プロトコルに関する彼らのカフカのようなビジョン」に対して、Le Parisienで攻撃していると主張している。

エリック・ゼムールについては、フランス2で、この動員は「正当なもの」だと考えている。なぜなら、「政府は何でもやるし、まず子どもの命を腐らせるから」である。国民集会のジョルダン・バルデラ暫定会長は、「何よりもエマニュエル・マクロンに問題がある」と述べた。

政府、FFP2マスク500万枚と交換を発表

フランスのジャン=ミッシェル・ブランケル教育相は1日夜、「500万枚のFFP2マスク」を希望する教師に提供し、来週初めから教育関係者にサージカルマスクを配布し、「危機に対処するため」「数千枚」の代用品を送ると発表した。また、1月に予定されていた小学1年生クラスの学力検査は「未定に延期」されるという。

Jean Castex首相出席のもと、教育省で教員組合と会談した後、語った。新型コロナの陽性反応が出た厚労大臣は、遠くから参加していた。

“FFP2 “マスクに対する期待感を伺いました。公安調査庁がその整備を特に推奨していないことを想起したが、特に特定の職員については、まだ可能であることを総理とともに願った。マスクをしていない子どもたちを前にしている幼稚園の先生、障害を持つ生徒の前に介入する先生、AESH(Accompagnants d’élèves en situation de handicap, NDLR)と呼んでいる人たちのことを考えています」とブランカー氏は言う。

欠席教員の補充については、「契約教員をあと3,300人採用し、補完リスト、つまり、特に小学校で競争リストに載っている人を採用すると発表した」と、労働組合からの要請に応える形で説明した。「教育アシスタント(AED、編集部注)」と呼ばれる、学校長の教育支援スタッフも募集する予定です。

新改革では通常3月に実施されるバカロレアの専門試験について、「現在、日常生活が容易でないことを考慮しなければならない」とし、「3月から6月に延期することが適切かどうか、代表組織とここで再度分析を行う」と大臣は説明した。

Avec agences

https://www.rfi.fr/fr/france/20220113-france-l-éducation-nationale-dans-la-rue-contre-les-protocoles-covid-19