ウクライナ:プーチンの強迫観念

ウラジーミル・プーチンは今週、ウクライナへの侵攻を決定した。しかし、このクレムリンの親玉のウクライナへの執着をどう説明するのか。

この問いに答えるには、30年前、1991年のソビエト連邦崩壊まで遡らなければならない。プーチンが「20世紀最悪の地政学的大惨事」と表現した出来事。

ソビエト帝国の解体、東欧諸国の欧州大陸の西への回帰、そして自ら望んだNATOへの統合、ソ連に統合された各元共和国の独立宣言は、若きプーチンの口に苦い味を残しました。敗戦と、西洋の影響力拡大への貪欲さである。特に、姉妹国であり、9世紀に遡るとはいえロシア国家の歴史的発祥地であるウクライナはそうである。

1999年に政権を取る前から、プーチンは勝利した西側に対する苦い思い、不公平感、無力感といった感情に突き動かされていた。彼は、ウクライナはロシアの一部であり、ウクライナ国家は、1922年のソビエト連邦創設時のボルシェビキの唯一の意思によって、人工的な方法以外で存在したことがないと信じている。月曜日の夜、彼は長い演説の中で、歴史的事実をねじ曲げてでも、プロ・ドーモの訴えという形で、このことを思い知らされた。

レーニンは、社会主義共和国に一定の自治権を認め、広大なソ連邦を可能な限り管理することが必要だと考えたのである。プーチンは、中央集権的なスターリン主義的なビジョンに賛成している。

1991年以降、ウクライナは徐々に西ヨーロッパに傾いていく。まるでロシアが最も大切にしている領土の一部を手放すかのように、このウクライナは「我々の文化的空間の中にあり、ウクライナ人は我々の親族だ」と彼は言う。

ウクライナのNATOとの和解

だから、2008年のNATO首脳会議で、ウクライナの申請が原則的に認められるとされたことに、非常に不満を抱いていたのだ。より正確には、会員制を視野に入れたパートナーシップ。ウラジーミル・プーチンはこれを侵略とみなし、それ以来、自分にとってこの地獄のようなメカニズムに歯止めをかけようとしたのである。しかし、それは2014年のマイダン革命で肯定された、ヨーロッパを選択した政治国家というウクライナらしい仕組みである。

メールマガジン購読

プーチンには耐えられない。それゆえ、クリミアの併合やドンバスの親ロシア派分離主義者への支援を、公式には想定していないにせよ、行っているのである。その時、ロシア大統領は、ヨーロッパとアメリカが騒いで、ロシアに対する制裁を確立したが、結局はそれを放置していることに気づいたのだ。

2019年に非常に民主的な選挙で現大統領のヴォロディミル・ゼレンスキーが選ばれた後、2020年9月のウクライナの戦略目標としてNATO加盟を強く支持しています。それ以来、プーチン皇帝のウクライナへの執着は、そのような展開を防ぐためにあらゆる手段を講じたいという願望に変わっていく。私たちは今、それを生きている…。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/le-monde-en-questions/20220225-ukraine-l-obsession-de-vladimir-poutine

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks