パリの視点#1:フランスは「ル・ブレグジット」を気にしない – ポール・テイラー

2020年は、1世紀ぶりの世界的なパンデミックに立ち向かうために、準備が不意の惑星として世界がひっくり返った年として歴史に残るだろう。国がドミノのようにロックダウンに陥り、パニックに陥った人々が社会的距離、テレワーク、検疫の新しい常態を受け入れるようになると、何百万人もの人々がCovid-19に屈し、世界中で数十万人が死亡した。

フランスは3月17日に最初のロックダウンに入り、「必須ではない」サービス以外のすべてが突然停止した。航空会社は停止され、オフィスは閉鎖され、すべてのコンサートや文化イベントはキャンセルされました。

パリを拠点とするコメディアン、ポール・テイラーにとって、彼の完売したスタンドアップショーSo British ou Presqueはカレンダーから抹消されました。ここフランスの芸術界では、パフォーマーやアーティストがステージに戻る権利のために戦い、文化的なイベントが不可欠であると主張しています。

「私たちは必須ではありません。何が不可欠ですか?スーパーマーケットは、眼鏡を整理したり、美容師をしてもらう必要があるので、食べるか、眼科医を診てもらう必要があるからです。笑う場所に行くことは必須ではない」とテイラーは言う。

パフォーマー、ミュージシャン、アーティストがオンラインイベントに行動を変異させなければならないため、ポール・テイラーはボードからサイバーステージに足を踏み入れました。

「私は[ロックダウン]の間によりオンラインプレゼンスに切り替えました、劇場のようにはなれない特定のものがあります」と彼は言いました。「あなたが劇場の演劇を見るつもりなら、劇場の外で消費するのは非常に難しいですが、とにかく劇場に行くのは人口のごく一部です!そうそう、同感です。私たちは必須ではありません。

ポール・テイラーのSo British, Ou Presqueショーのポスター © RFI/Paul Taylor
ポール・テイラーのSo British, Ou Presqueショーのポスター © RFI/Paul Taylor

「なんてこった…」

ポール・テイラーは、彼のCanal+スケッチシリーズWhat the Fuck Franceでフランスのコメディシーンに到着しました。それは、初心者にはまったく不条理に見えるフランス人の特殊性とマナーを分解しました。

10月30日金曜日に施行された最新のロックダウンの間、ポールはI Swearで、毎日ファンに新しい英語の誓いの言葉を教えることに才能を向けました。

劇場行為So British ou Presqueは、その逆と同様に、イギリス人に対するフランス人の感情を磨くバイリンガルパフォーマンスです。

ブレグジットが過去4年間仏英関係を支配してきたため、英国の欧州連合からの撤退はコメディショーでかなり高みになると思いますか?

フランスは「ル・ブレグジット」を気にしていない

「いいえ、フランスやフランス人が本当にそれを気にしていないと思うからといって、コメディには大きな量はありません…奇妙なのは、フランスのニュースに載るたびに印象を持っていたことです、それはすぐに出てきます。だから、私たちが2016年に決定を下したとき、人々はそれについて話し、「ああ、ル・ブレグジット、ル・ブレグジット」のように、そして昨年の今頃までラジオの沈黙。だから、フランスのニュースになった何か大きなものがあったたびに、それは再び出てくるだろうが、私は本当にそれほど多くを得ることはありません。

ポール・テイラーは、新年に「So British, ou Presque」と4月23日にパリの象徴的な会場、ル・グラン・レックスで1回限りのショーで戻ってきます。

ここで完全なビデオを見てください。

このエディションは、セシル・ポンペアーニ、ヴィンセント・ポーラ、エルワン・ローマによって制作されました。

デビッド・コフィーがプロデュース&プロデュース

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1699
Enable Notifications OK No thanks