フランスアルプスは2030年冬季オリンピックを開催する唯一の入札者

国際オリンピック委員会は、2030年冬季オリンピックの唯一の入札者は、2024年にパリで夏季オリンピックを開催し、1924年以来3回冬季オリンピックを開催しているフランスであることを確認しました。

国際オリンピック委員会は水曜日、米国ユタ州のフランスアルプスとソルトレイクシティが2030年と2034年の冬季大会を開催する唯一の候補者であることを確認した。

7月にパリで開催されるIOCセッションで両方を授与することを目指しています。

2つのプロジェクトは、「アスリートの経験に対するビジョン、地域および国の社会経済開発計画との連携、そして一般市民とあらゆるレベルの政府からの非常に強力な支援」で際立っていたと、IOCの将来のホスト委員会の責任者であるカール・ストスは述べた。

2030年大会へのフランスの入札は、アルプスの町、メリベル、クールシュヴェル、ヴァルディゼールのアルペンスキーを拠点とし、ラ・クルーザスは北欧イベントを開催しています。

オリンピック村は地中海のニースにあり、スケートイベントも開催されます。

フランスは1924年にシャモニー、1968年にグルノーブル、1992年にアルベールビルで冬季競技大会を開催しました。

2002年に冬季オリンピックを開催したソルトレイクシティは、当初2030年大会を目指していましたが、2028年のロサンゼルス夏季大会に近すぎたため、入札を中止しました。

IOCによると、2034年大会の入札を開始した唯一の都市であり、その計画は既存の会場に依存しており、多額の投資を必要としない。

スウェーデンとスイスは2030年大会の開催に興味があり、IOCはスイスは2038年大会の入札のために「特権的な対話」に入り、他の潜在的なホストとの議論には関与しないと述べた。

(ニュースワイヤー付き)

https://www.rfi.fr/en/france/20231130-french-alps-the-only-bidder-to-host-2030-winter-olympics

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1745
Enable Notifications OK No thanks