ツール・ド・フランスで玉突き事故を起こした女性に対し、検察官が執行猶予付きの判決を要請

(Photo)トニー・マルタンがルート脇で女性が持っていた看板をはさみ、数十人のツール・ド・フランスの選手が転倒した。Anne-Christine POUJOULAT POOL/AFP

ツール・ド・フランス史上最大級の玉突き事故を起こした観客が、人命を危険にさらした罪と不慮の事故を起こした罪で、フランス北西部のブレストの裁判所に出廷しました。

この31歳のブルターニュ出身の女性は、ネット上で罵倒されていたため身元が伏せられていましたが、検察が執行猶予付きの判決を要求したため、刑務所に入ることは避けられそうです。

この女性は、6月26日に開催されたツアーのオープニングステージに参加し、テレビカメラに注目されるような看板を掲げていました。

そこにはこう書かれていた。「Allez, Opi-Omi」。ドイツ語で「おじいちゃん、おばあちゃん」を意味する言葉で、彼女の家族のルーツであるドイツにちなんだものだ。

しかし、彼女はフランス西部のランデルノーでのゴールを目指して細い道を走るペロトンの前に出過ぎてしまった。

積み上げ

ドイツ人ライダーのトニー・マルティンは、彼女との接触を避けられずに転倒し、数十人のライダーがクラッシュし、他のライダーも観客の列に突っ込んでいった。

テレビで放映された衝突事故の映像や、茫然自失の被害者を治療する救急隊員の姿は、ファンやレース主催者の怒りを買った。特に、この女性が助けに行かずに現場から逃げ出したことを知ったときには、怒りが爆発した。

彼女は警察に出頭するまでの4日間、身を隠していました。

当初、ツール・ド・フランスの主催者は、この犯人に最高1年の懲役と1万5千ユーロの罰金を科すことを望んでいましたが、最終的にはその姿勢を和らげました。

裁判官は12月9日にこの女性の運命を決定します。

弁護を担当したジュリアン・ブラッドメッツ氏は、依頼人が長年にわたって脆弱な人格を持っていたと述べた。「このもろさが10倍になってしまったので、今日、私のクライアントは地獄の中を生きています」と付け加えた。

この審問は、ツール・ド・フランスの主催者が来年のレースのルートとステージを発表した際に行われました。

2022年ツールのルート

2022年のツールは、デンマークの首都コペンハーゲンをスタートし、スイスとベルギーを通過した後、伝統的なシャンゼリゼ通りのダッシュが行われる予定です。

ツールのディレクターであるクリスチャン・プリュドムは、ブルターニュでの聴聞会について、「彼女は愚かなことをしたが、テロリストではない。私たちは、ツールに参加する人たちに気をつけてほしいと思っています。チャンピオンを見るために参加しているのであって、テレビに映るために参加しているのではないことを忘れないでください」。

しかし、国際ライダーズ協会(CPA)は苦情を主張し、ステージ中の危険なファンの行動を止めるために罰金を求めている。

CPAのジャンニ・バグノ会長は声明の中で、「選手たちが受けた損害は、肉体的、道徳的、経済的なものです」と述べています。

「アスリートはグランツールのために何ヶ月も準備をしており、彼のハードワーク、彼の家族、スタッフ、チームのハードワークが、人気取りのために一瞬にして打ち砕かれることは許されません」

AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携

https://www.rfi.fr/en/sports/20211014-prosecutors-urge-suspended-sentence-for-woman-who-caused-tour-de-france-pile-up